ライター : macaroni 編集部

macaroni編集部のアカウントです。編集部が厳選するおすすめ商品・飲食店情報、トレンド予想や有識者へのインタビュー、暮らしに役立つ情報をご紹介します。

肉と卵のゴールデンコンビ!ミートローフの目玉焼きのせ

Photo by keiji okazaki

12月の毎週水曜日連載「簡単オシャレな肉料理」では、家庭で再現できる本格的な肉料理のレシピを、新進気鋭のシェフに紹介してもらいます。

第四回は、「ミートローフの目玉焼きのせ」。

レシピを教えてくれたのは、東京 幡ヶ谷にある「bistrot semaille(ビストロスマイユ)」の石谷シェフです。

Photo by keiji okazaki

幡ヶ谷「bistrot semaille(ビストロスマイユ)」/石谷有吾シェフ 幼い頃から料理が好きで、高校卒業後は地元京都の洋食店へ。当時の師匠がフレンチ出身だったことから、さまざまなフレンチの基礎を学ぶ。その後、銀座の名フレンチ「サラマンジェ ド イザシ ワキサカ」で修業を積み独立、ビストロスマイユをオープン

Photo by keiji okazaki

「パーティーやおもてなし料理にぴったりのミートローフ。アメリカの家庭料理が発祥ですが、フレンチでもよく作られています。

材料はハンバークとほとんど同じですが、肉のジューシーさや野菜の食感がより楽しめ、卵と組み合わせて味わうのが特徴です。

ミートローフは通常、ゆで卵を丸ごと肉で包むのですが、ちょっと手間がかかります。今回は、より簡単に作れるように半熟目玉焼きを添える形にしました。

型も使わず、アルミホイルで巻いて焼けばOKなので、誰でも失敗なくできますよ」

前回の記事はこちら▼

材料(2~3人分)

・合い挽き肉……200g
・にんじん……約2/3本(80g)
・玉ねぎ……約1/2個(80g)
・塩……3g(肉の質量の1.5%程度の量)
・ナツメグ……約2ふり
・こしょう……適量
a. 卵……1個
a. 牛乳……20cc
a. パン粉……20g
a. ケチャップ……小さじ2杯(10g)

〈ソース用〉
b. ケチャップ……25g
b. ウスターソース……25g
b. 水……25cc
・バター……5g

〈目玉焼き〉
・卵……人数分

〈付け合わせの野菜〉
・お好みで……適量

下ごしらえ

・半熟目玉焼きを作っておきます
・付け合わせの野菜をゆでておきます(今回はブロッコリー)

作り方(6ステップ)

1. にんじんと玉ねぎをカットする

Photo by keiji okazaki

にんじんと玉ねぎを、3mmほどの角切りにします。

2. 合い挽き肉に、塩とナツメグを加えて混ぜる

Photo by keiji okazaki

合い挽き肉に塩とナツメグを加えて、手の甲で混ぜます。まわりが白くなって、全体に粘りが出できたらOKです。

「手のひらではなく手の甲で混ぜるのがポイント。手のひらの温度が肉に伝わり、脂が溶けてしまうんです」

3. (a)と合い挽き肉、野菜を混ぜ合わせる

Photo by keiji okazaki

先に(a)をすべて混ぜておきます。全体がよくなじんだら、2の合い挽き肉を加えて混ぜましょう。

Photo by keiji okazaki

1のにんじん、玉ねぎを加えてさらに混ぜます。

「野菜はあえて生のまま、たくさん入れると食感がよくなるのでおすすめです。冷凍のミックスベジタブルでも代用できますよ」
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ