いつも通りの手順でかんたん♩「リースミートローフ」のクリスマスレシピ11選

クリスマスのごちそうにマンネリを感じたら「リースミートローフ」にチャレンジしてみてはいかがでしょう?今回はふんわりジューシーな基本の作り方から、アッと驚くアイデアまでたっぷりご紹介。お手軽にできるその他のリースレシピも必見ですよ。

クリスマスのごちそう、何にしよう?

今年もまもなくクリスマスがやってきますが、ごちそうはもうお決まりですか?クリスマスといえば大きなローストターキーやフライドチキンのイメージですが、じっくり焼いたり揚げたり手間がかかるのが難点ですよね……。

今年は低コストで簡単にできる「リースミートローフ」はいかがでしょう?見栄えが良くてお野菜もたっぷり摂れる、クリスマスにぴったりなお料理なんですよ。

リースミートローフって?

「リースミートローフ」とは、エンゼル型で焼き上げたリースのようなミートローフです。「ミートローフ」というとなんだか難しそうな感じがしますが、要領はハンバーグと同じ。生地を作ったら型に詰めてオーブンで焼くだけなので、付きっきりにならなくていいところもおすすめのポイントです。

焼きあがったミートローフは、トッピング次第でアレンジ自在!自分や家族、恋人の好きなものをのせて、オリジナルリースミートローフを作るのも素敵ですよね。

リースミートローフの基本の作り方

まずは基本の作り方からチェックしてみましょう!レシピのポイントは、隠し味にマヨネーズを入れること。マヨネーズに含まれる植物油脂とお酢の効果で、ふんわりジューシーに仕上がりますよ。

材料

・合びき肉……500g
・卵……1個
・パン粉……50g
・ナツメグ……少々
・塩胡椒……少々
・マヨネーズ……大さじ1
・玉ねぎ……1/2個
・ミックスベジタブル……50g
・ケチャップ……大さじ3
・中濃ソース……大さじ3
・バター……適量
<トッピング>
・乾燥パセリ……適量
・粉チーズ……適量
・お好みの野菜……適量

作り方

1. 合びき肉に卵、パン粉、ナツメグ、塩胡椒、マヨネーズを入れて、白っぽくなるまでよく練ります。

2. みじん切りにした玉ねぎ、ミックスベジタブルを加えてよく混ぜましょう。

3. エンゼル型にバターを薄く塗り、肉種の空気を抜きながら表面が平らになるように詰めます。

4. 200度のオーブンで40~45分焼きましょう。

5. 焼きあがったら型を傾けて肉汁を小鍋に移し、中濃ソースとケチャップを加え、煮詰めてソースを作ります。

6. ミートローフを型からだしてソースをかけたら、粉チーズ、パセリ、お好みで茹でたお野菜をトッピングして完成です。

おいしく作るポイントは?

焼き時間はオーブンによって多少変動します。竹串で刺し、透明な肉汁が出てくるようならOKです。赤い汁が出てくるようでしたら、5分ずつ焼き時間を延長してくださいね。

今回はソースをケチャップと中濃ソースで作りましたが、「肉汁+ビーフシチューの素+水」でデミグラスソース風にしたり、「肉汁+ホワイトシチューの素+牛乳」でホワイトソースを作ってかけてもおいしいですよ。

リースミートローフのアイデアレシピ10選

1. トースターでお手軽に

電子レンジとオーブントースターを使えば、さらに簡単お手軽に。型も必要ないので、洗い物が少ないところもうれしいですよね。こんがりと焼けたベーコンは、ジューシーで子供受け抜群!お好みでマスタードを添えれば、ビールに合う大人向けな味わいにもなりますよ。

2. 型抜き野菜でかわいく

型抜き野菜やチーズで飾り付けても、とってもキュートに仕上がります。ミートローフは大人が作り、飾り付けは子どもと一緒にするのも楽しそうですよね。お野菜は電子レンジで加熱すれば、手間も洗い物も少なく済みますよ。

特集

SPECIAL CONTENTS