ライター : shucyan

フードアナリスト / 江戸ソバリエ / ソルトマイスター

「日本ワインを愛する会」会員。フードライターとして新聞・雑誌・ムック本などの紙媒体を始め、これまで複数のグルメサイト、SNSで執筆・情報提供を行い、日本テレビ「ZIP」、テレビ朝…もっとみる

韓国料理の代表格「サムギョプサル」

韓国料理の定番のひとつ「サムギョプサル」。韓国版の焼肉といった感じですが、どんな料理か説明できますか?「なんとなく厚切りの肉だったなぁ〜」という程度しか覚えていない方や、まったく食べたことがないという方もいらっしゃるかもしれませんね。 普通の焼肉とは、何がどう違うのか? その辺の事情を、詳しくご解説いたします。

「サムギョプサル」とは?

サムギョプサルは韓国風の焼肉ですが、韓国でも牛肉の値段は高いため庶民の間では豚肉が一般的です。骨付き豚肉の「デジカルビ」と並んで人気が高いのが、厚切りにした豚の三枚肉を専用の焼き鍋で豪快に焼く「サムギョプサル」。 韓国でサムギョプサルの人気が高まったのは1990年代のことで、日本では2003年頃から韓国ドラマの影響で韓流ブームが起こり、韓国料理店やサムギョプサルとデジカルビの専門店もあちこちで開店しました。

韓国語での意味とハングルでの書き方

Photo by Snapmart

「サムギョプサル」はハングルで「삼겹쌀」と書き、豚ばらの三枚肉を焼いて食べる料理のことで、サムは数字の “3” 、ギョプは “層” 、サルは “肉” を意味します。 一般的な焼肉がさまざまな部位を使うのに対して、サムギョプサルは三枚肉のみに特化し、厚切り肉を味付けせずに焼くのが特徴。鉄板はジンギスカン鍋のようにスリットがあり、余分な油が落ちるようになっています。

焼き肉との違いは「肉」

日本で焼き肉と言えば牛肉がメインになりますが、先ほども書いたようにサムギョプサルは豚の三枚肉(バラ肉)を使います。豚の三枚肉は脂がとても多いため、ベーコン用以外は欧米では人気がないのだとか。 三枚肉はタレには漬け込まずに味付けせずに焼き、焼きあがってから岩塩やゴマ油などをつけたり、青唐辛子のスライスなど一緒にサンチュやエゴマの葉などで巻いて食べます。

サムギョプサルの食べ方

Photo by Snapmart

サムギョプサルのほとんどのお店では、スタッフが豚肉と一緒にキムチやニンニクなどを焼いて、ハサミを使って食べやすい大きさにカットしてくれます。 サンチュで巻いて食べる場合は、サンチュを半分程度にちぎって手前から数cmの部分に折り目をつけておくと、具がこぼれにくくなって巻きやすくなりますよ。焼きキムチなどの具材や韓国みそなどの薬味を、お好みでトッピングしていただきましょう!

タレは味噌ダレが一般的

味付けは塩とゴマ油のほか、「サムジャン」という、味噌やコチュジャンなどで作る辛味噌ダレをつけて食べます。韓国では近年、サムギョプサルが多様化し始めたことにより、お肉をワインやハーブに漬け込んだり、ハニーマスタードやバーベキューソースを出すお店も現れているんですよ。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS