ライター : macaroni 編集部

macaroni編集部のアカウントです。編集部が厳選するおすすめ商品・飲食店情報、トレンド予想や有識者へのインタビュー、暮らしに役立つ情報をご紹介します。

素材のおいしさたっぷり!豚バラ肉と鶏手羽元のポトフ

Photo by keiji okazaki

12月の毎週水曜日連載「簡単オシャレな肉料理」では、家庭で再現できる本格的な肉料理のレシピを、新進気鋭のシェフに紹介してもらいます。

第三回は「豚バラ肉と鶏手羽元のポトフ」。

レシピを教えてくれたのは、東京 幡ヶ谷にある「bistrot semaille(ビストロスマイユ)」の石谷シェフです。

Photo by keiji okazaki

幡ヶ谷「bistrot semaille(ビストロスマイユ)」/石谷有吾シェフ 幼い頃から料理が好きで、高校卒業後は地元京都の洋食店へ。当時の師匠がフレンチ出身だったことから、さまざまなフレンチの基礎を学ぶ。その後、銀座の名フレンチ「サラマンジェ ド イザシ ワキサカ」で修業を積み独立、ビストロスマイユをオープン

Photo by keiji okazaki

「ポトフはフランスの家庭料理で、カジュアルに食べられています。野菜と肉のうまみが溶け出した温かいスープは、体だけでなく心までほっこりやさしくなれる味。冬にぴったりのひと皿です。

紹介するレシピのポイントは、肉を数種類入れることで、特に骨付き肉は欠かせません。

市販の顆粒コンソメがなくてもしっかりだしが出て、素材の味が楽しめます。その分、しっかり煮込むので、休日にゆっくり映画でも見ながら、時間をかけて作ってみてください」

前回の記事はこちら▼

材料(1〜2人前)

・豚バラ肉(ブロック)……200g
・鶏手羽元……2本
・にんじん……1/2本
・じゃがいも……1個
・かぶ……1/2個
・キャベツ……中サイズの1/12玉(160g)
・塩……適量
・マスタード(お好みで)……適量
・岩塩(お好みで)……適量
・ローリエ、タイムなどのハーブ(あれば)……適量

下ごしらえ

・肉の余分な水分を取っておく

Photo by keiji okazaki

豚バラ肉、鶏手羽元の分量に対して1%の塩を肉にもみ込み、10〜15分ほどなじませます。余分な水分が出てきたら、キッチンペーパーで拭き取っておきましょう。

作り方(5ステップ)

1. 肉を水から煮込む

Photo by keiji okazaki

下ごしらえした肉を鍋に入れ、水を加えて30分から1時間ほど煮込みます。肉から出たアクはしっかりとっておきましょう。

「ローリエといったハーブを加える場合は、肉のアクを取ったあとすぐに入れてください」

2. 野菜を大きめにカットする

Photo by keiji okazaki

すべての野菜を、写真上くらいの大きめにカットします。キャベツは芯付きのまま使います。

「野菜は大きめにカットすることで、盛り付けたときの見た目がかわいらしく、食べ応えもありますよ。かぶの代わりに大根でもOK。好きな冬野菜を入れるのもおすすめです」

3. 鍋に野菜を加えて煮込む

Photo by keiji okazaki

1の肉がやわらかくなったら、にんじん(20分)→じゃがいもとかぶ(10分)→キャベツの順に加えていきます。

「キャベツはアクセントとして食感を残したいので、浅めに煮込みましょう。また、ウインナーソーセージを入れると、よりお子さん好みの味に。キャベツと同じタイミングで入れてください」

Photo by keiji okazaki

トータルで、1〜1.5時間ほど煮込みます。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ