ライター : macaroni 編集部

macaroni編集部のアカウントです。編集部が厳選するおすすめ商品・飲食店情報、トレンド予想や有識者へのインタビュー、暮らしに役立つ情報をご紹介します。

特別な日に食べたい!本場仕込みのラザニアレシピ

Photo by Mio Gohda

おうち時間中心の生活で手料理に目覚めた方も、料理の腕をさらに磨いた方も、クリスマスの食卓には特別感のあるお料理を準備したいですよね。

12月の「匠のおうちレシピ」では、クリスマスのテーブルを彩るお料理を、3年連続でミシュランガイドのビブグルマンに選出された「falò(ファロ)」の樫村仁尊さんに教えていただきます。

ご紹介するのはいずれもチーズを使ったパーティーレシピ。最終回はみなさんにもお馴染みのラザニアの登場です。でも普通のラザニアではありません!野菜をたっぷり使った、ごちそう感のあるひと品ですよ。

Photo by Mio Gohda

falò(ファロ)・オーナーシェフ/樫村仁尊さん 東京都出身。調理師学校を卒業後、「リストランテ アクアパッツァ」日髙良実シェフの元でキャリアをスタート。その後、イタリアや都内のレストランで経験を積み、アクアパッツァに戻ったのち料理長まで務めた。2016年、代官山に「falò」をオープン。公式サイトでは全国発送するオンラインショップも運営
「ラザニアは、本場イタリアではクリスマスやイースターなど家族が集まるときに必ず食卓にのぼる特別な日のパスタ料理です。

ミートソースとベシャメルソース、平らなパスタを重ねるのが一般的ですが、この『お祝いの日バージョン』は野菜とゆで卵が加わるので、みなさんご存知のラザニアよりさっぱりしていて、飽きのこない味わいに仕上がります。

ラザニアは人気のイタリアンだけれど、ベシャメルソースを作るのって、作り慣れていない方にはハードルが高いですよね。

このレシピでは気軽に作ってもらえるように、ベシャメルソースの代わりに生クリームを使います。ミートソースもトマトソースを利用することで簡単においしくできあがるんですよ」

材料(2〜3人分)

調理時間:45分

・ラザニア……4枚
・なす……4本
・ズッキーニ……1本
・ゆで卵……3個
・生クリーム……200cc
・とろけるチーズ……50g
・パルメザンチーズ……適量

〈ミートソース〉
・牛ひき肉(粗挽き)……150g
・豚ひき肉……150g
・トマトソース……290g
・玉ねぎ(みじん切り)……100g
・塩……適量

下ごしらえ

・ゆで卵をスライスする
・ラザニアを表示どおりに下ゆでする
・なすはガクを落として、縦に8mmほどの厚みに切る
・ズッキーニを1cmほどの輪切りにする
・パルメザンチーズをすりおろす
・オーブンを220℃に予熱する

「気にならない方は、ラザニアと卵を一緒にゆでると時短できますよ。ただし、卵はしっかり洗ってからゆでてくださいね」

作り方

1. 玉ねぎを炒める

Photo by Mio Gohda

フライパンを熱してオリーブオイルを入れ、中火から弱火で玉ねぎを炒めます。炒めはじめの段階で適量の塩を加えます。

Photo by Mio Gohda

「玉ねぎがしんなりして甘みが出るまでじっくり炒めます。焦げ目がつくくらいしっかり焼き付けるのがおいしくなる秘訣です」

2. ひき肉を加えて強火で炒める

Photo by Mio Gohda

牛ひき肉、豚ひき肉をそれぞれフライパンに入れ、強火で炒めます。片面にしっかり焼き目がついたら、裏返してさらに焼き目をつけていきます。

Photo by Mio Gohda

2種類の肉が入ったほうが味に深みが出ます。今回、牛ひき肉はハンバーグ用の粗挽きを使いました。豚ひき肉と牛ひき肉の割合は1対1がおすすめです。

玉ねぎ同様、肉にも香ばしく焼き目をしっかりつけて香ばしさを引き出したいので、混ぜないでください。ここはじっと我慢です。いじると温度が下がってしまうんですよ。肉の固まりが残るくらいがいいですね」

3. トマトソースと水を加えて煮込む

Photo by Mio Gohda

ひき肉が香ばしく焼けたら、トマトソースとソースと同量の水を加え、強火で沸騰させます。沸騰したら弱火にして10〜15分ほど煮込み、途中でときどき混ぜます。

肉の旨味をトマトソースに移すために炊いていきます。今回使ったトマトソースはにんにく、バジル入り。でもなんでもいいですよ。

トマトソースは味のバランスがとれた、すでに完成した食品。トマトソースだけで煮込むと味が濃くなりすぎるので水を加えましょう」

編集部のおすすめ