ライター : macaroni 編集部

macaroni編集部のアカウントです。編集部が厳選するおすすめ商品・飲食店情報、トレンド予想や有識者へのインタビュー、暮らしに役立つ情報をご紹介します。

麹もいらない。居酒屋に教わる「発酵レモンサワー」レシピ

Photo by akiharahetta

ここ数年レモンサワー市場が急速に伸び続けるなかで、とくに注目を集めているのが発酵レモンサワー。市販商品もありますが、どうしても人工感が残っていたり、コストがかかるなどの懸念点も……。手軽においしい発酵レモンサワーを手作りできるのなら、試してみたいですよね。

そこで、いま発酵ブームを牽引する飲食店のひとつ、表参道「発酵居酒屋5」の店長である高木さんに作り方を教わりました。材料はたった2つ、難しい工程も一切なし。おうちで飲む機会の増える年末年始に向けて、仕込んでおいて損はありません!

そもそも発酵の何がいいの?

「本レシピは、レモンと砂糖で作る酵素シロップが発酵ポイント。レモンと砂糖を合わせることで、食物繊維と糖が化学反応をおこして、発酵がすすみます。そうすると、レモンの食物繊維が持つ酵素の力がググンと上がるんですね。こうしてできた酵素シロップ(発酵食品)は、食物繊維のパワーが高まっているため、からだに十分に作用し、腸活や美肌にも効果を発揮するというわけです」

材料

Photo by macaroni

・レモン……500g
・きび砂糖……400g
・はちみつ……100g

発酵させるためのベストなレモンと糖の割合は1:1。本レシピではコクを出すためにはちみつを加えていますが、砂糖のみでもOK。きれいな色を出したい場合は、グラニュー糖を使うといいですよ」

作り方

1. レモンをカットする

Photo by macaroni

皮付きのレモンをスライス状にカットして、種をとります。

「レモンは皮ごと使うためノーワックスのものを使うか、事前によく洗うようにしてください。酵素シロップにすることで皮がやわらかくなるため、スライス状がベスト」

2. レモンと砂糖を手で混ぜ合わせる

Photo by macaroni

ボウルに1ときび砂糖、はちみつを入れて、きれいに洗った手で混ぜ合わせます。

Photo by macaroni

「日本酒作りをする杜氏もかならず米を麹菌につけるときは素手でおこないます。これは、食材に人の常在菌(※)が加わり、発酵をうながしてくれるからなんですよ」

※おもに人のからだに存在する微生物のうち、多くの人に共通してみられ、病原性を示さないものを指す

3. 容器に移して、1〜2週間発酵させる

Photo by macaroni

まんべんなく混ざったら、煮沸消毒した保存容器に移し替えて、常温で保管します。

「このとき、ふたはきっちり締めないように要注意!発酵の過程で水分が上がり、微量のガスが発生するため、爆発してしまう恐れがあります。ふたの代わりに通気性のよい布巾をかぶせて輪ゴムでとめるだけでもOK」
Photos:8枚
金の器にのった発酵レモンサワー
発酵レモンサワーの材料
スライス状のレモン
レモンに砂糖とはちみつがかかっている
レモンと砂糖を混ぜ合わせている
発酵レモンサワーの素
ミキサーにかけた発酵レモンサワーの素
カットレモンの入ったレモンサワー
一覧でみる
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ