ライター : 中村りえ

管理栄養士・料理家

「暮らしをちょっと楽しくするおやつ」をモットーに子どもと楽しめる体に優しいおやつレシピを発信中。働きながら子育てを楽しむ2児の母。健康・美容・栄養などの切り口で管理栄養士なら…もっとみる

発酵なしで簡単。グルテンフリーのシュトーレン

Photo by 中村 りえ

調理時間:45分
保存期間:常温で5日


オートミールや豆腐を使ってダイエット中でも楽しめるヘルシーシュトーレンを作ってみませんか?本場のシュトーレンは発酵させて作りますが、今回のレシピはベーキングパウダーを使うので、短時間で作れますよ。シュトーレン作り初めての方もぜひ挑戦してみてくださいね。

栄養価(1本分)

エネルギー…… 1396kcal
炭水化物…… 172.2g
糖質…… 164.5g

出典:日本食品標準成分表2020年版(八訂)

レシピのポイント

小麦粉ではなくオートミールを使ってヘルシーに

オートミールの魅力は栄養価の高さ。普段の食生活では不足しがちな食物繊維、鉄などが含まれています。食物繊維は糖の吸収のスピードを穏やかにしたり便秘を改善したりする働きがあるため、ダイエットや美容を気にする方にもおすすめの食材。オートミールはグルテンが含まれていると思われている方もいますが、「えん麦(オーツ麦)」で小麦ではないので、グルテンフリーになります。

特に今の時期はご馳走続きで普段よりも食べる量が増えたり、脂っこい食事を食べたりと、体重が増加しがち。腹持ちの良いオートミールを使用して食べ過ぎ防止を目指しましょう。(※1,2)

豆腐でカロリーオフ!

豆腐は高たんぱく質低脂肪ですが、お菓子に使うとコクのある味わいになります。豆腐を使うことで、油が少なくてもしっとりとした食感に仕上がりますよ。油は1gで9kcalとカロリーが高いので、なるべく量は控えたいもの。豆腐を使うことで油の量を最小限に抑えられます。(※3)

材料(作りやすい分量)

Photo by 中村 りえ

・米粉……90g
・絹豆腐……50g
・オートミール……30g
・アーモンドプードル……30g
・ドライフルーツ(レーズン・クランベリー)……40g
・ミックスナッツ……30g
・ベーキングパウダー……小さじ1/2杯
・砂糖……大さじ1杯
・粉糖……20g
・ラム酒……大さじ1杯
・米油……大さじ2杯
・溶かしバター……10g

オートミールはクイックオーツ(細かいタイプ)を使用してください。米油はサラダ油や太白ごま油で代用できます。ラム酒はなくても作れますが、風味付けに入れるのがおすすめ。ブランデーなどほかの洋酒で代用できますよ。お好みでシナモンパウダーを小さじ1杯程度入れてもおいしいです。

下ごしらえ

・オーブンを180度に予熱する

編集部のおすすめ