ライター : macaroni 編集部

macaroni編集部のアカウントです。編集部が厳選するおすすめ商品・飲食店情報、トレンド予想や有識者へのインタビュー、暮らしに役立つ情報をご紹介します。

チーズと塩麹は鶏肉と相性ばつぐん!

Photo by macaroni

毎週連載【調理家電でラク家事ごはん】2021年11月は、ワインといえばの“チーズ”おつまみのレシピを紹介しています。今回も先週に引き続き、手軽に作れるチーズおつまみを料理家の橋本彩子さんに教えていただきました。トースターやレンジの活用で、おうち飲みやおもてなしにぴったりなひと皿を手間なくラクに用意できますよ。

Photo by macaroni

料理家、フードコーディネーター/橋本彩子 食品メーカー勤務を経て料理業界へ。カフェメニューのプランニングやテーブルまわりのコーディネイトを経験後、ケータリングユニットに参加。雑誌、書籍、CM、映画などの現場で7年余り経験を積み、退社。その後1年間、ル・コルドンブルーでフランス料理を学ぶ。現在は料理雑誌、女性誌、ライフスタイル誌、Web、広告を中心に活躍するほか、料理家きっての築地マニアとしても知られる
ヘルシーなのに満足感のあるレシピを考案してくれた橋本さん。チーズと塩麹の旨みをたっぷり含んだ、香ばしく焼き上がった鶏肉は、ごちそう感満点!見栄えもよくおしゃれな仕上がりです。

Photo by macaroni

調理時間:約20分

「おいしく作るポイントは、マリネした鶏肉を寝かせること。パルメザンチーズと塩麹、レモンの輪切りを合わせて寝かせることで、お肉の内部まで旨みが浸透し、食感もやわらかくなります。チーズや塩麹の芳醇な風味を、ジューシーな鶏肉と一緒に存分に味わえますよ。

レモンは果汁ではなく果実を輪切りして使うようにしてください。マリネ液が水分で薄まらず、お肉にしっかりと味付けできます。レモンの輪切りを一緒に焼いて盛り付けるのもポイント。レモンの風味が増し、料理の見栄えもよくなります。

白ワインに合わせるのがおすすめで、塩麹を使っているので日本酒にもよく合いますよ」

材料(2人分)

・鶏もも肉……1枚
・レモン……1/2個
a. 塩麹……大さじ2杯
a. パルメザンチーズ(粉チーズ)……大さじ1杯
a. 酒……大さじ1杯
・バター……10g

作り方

1. 鶏もも肉の下ごしらえをする

Photo by macaroni

鶏もも肉は黄色い脂身を取り除き、厚い部分に切れ目を入れて厚さを均一にします。皮の面から包丁やフォークで刺して所々に穴をあけます。

「黄色い脂身を取り除くことで、焼き上がりの風味がよくなります。また、数カ所に穴を開けておくと調味料が染み込みやすくなりますよ」

2. レモンを切る

レモンを輪切りにします。

「皮を剥かずに使うので、国産レモンを使いましょう。お肉と一緒に焼いて盛り付けるので、薄すぎないけれど食べやすい5mm程度の厚さが適当です」

3. 調味料を合わせて鶏もも肉をマリネする

Photo by macaroni

(a)を合わせてよく混ぜます。

Photo by macaroni

鶏もも肉の片面に(a)の半量をかけ、スプーンの背でまんべんなく塗り広げます。

Photo by macaroni

滑らせるように密閉袋に入れ、もう片面に(a)の残りを同じ要領で塗り広げます。

Photo by macaroni

レモンの輪切りを鶏もも肉にのせ、2〜3時間冷蔵庫で寝かせてマリネします。

「鶏もも肉の片面にマリネ液を塗ったら、もう片面は袋に入れてから塗ると周囲を汚さずにすみますよ。最低1時間はマリネした方が旨みが浸透し、お肉がやわらかく仕上がります」

4. オーブントースターで焼く

Photo by macaroni

オーブントースターを予熱します。

オーブントースターの天板、またはアルミホイルにマリネした鶏肉を、皮目を上にして置き、その上にレモンをのせます。

Photo by macaroni

強火で15分程度焼いて途中で裏返し、合計で20~25分、表面にところどころ焦げ目が付くまで焼きます。

「味付けしたお肉は焦げやすいので、途中で焦げ目が付きすぎた場合は温度を下げてください。焦げ目がつきすぎないよう、ときどきトースターの扉を開けて確認しながら焼きましょう」
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ