ライター : macaroni 編集部

macaroni編集部のアカウントです。編集部が厳選するおすすめ商品・飲食店情報、トレンド予想や有識者へのインタビュー、暮らしに役立つ情報をご紹介します。

今月のテーマは“チーズ”で“おつまみ”!

Photo by macaroni

今年もボジョレー・ヌーボーの解禁日(※)が近づいてきました。ワインに合うおつまみの代表といえばチーズ。そのまま食べてもおいしいけれど、チーズを使ったおつまみを手間をかけずに作れたら、おうち飲みの楽しみが広がりますね。そこで連載【調理家電でラク家事ごはん】の2021年11月は、オーブントースターや電子レンジを使って手軽に作れるチーズおつまみのレシピを紹介します。

教えてくれたのは、料理とテーブルスタイリングを中心に雑誌、Web、広告などで活躍している料理家・橋本彩子さん。

レシピはどれもヘルシーながら、チーズのコクが加わることで満足感も十分。見た目も華やかで、おつまみはもちろんおもてなしにもぴったりです。

初回の今回は、秋フルーツを使って季節感も楽しめる「いちじくと柿のクリームチーズグラタン」です。

※2021年は11月18日(木)

Photo by macaroni

料理家、フードコーディネーター/橋本彩子 食品メーカー勤務を経て料理業界へ。カフェメニューのプランニングやテーブルまわりのコーディネイトを経験後、ケータリングユニットに参加。雑誌、書籍、CM、映画などの現場で7年余り経験を積み、退社。その後1年間、ル・コルドンブルーでフランス料理を学ぶ。現在は料理雑誌、女性誌、ライフスタイル誌、Web、広告を中心に活躍するほか、料理家きっての築地マニアとしても知られる

濃厚でとろりと甘い。いちじくと柿のクリームチーズグラタン

Photo by macaroni

調理時間:約20分

「このレシピのポイントは白みそを使うこと。白和えでよく見る組み合わせですが、柿と白みそはとても相性が良いんです。加えて、クリームチーズのソースにほんの少し白みそを入れることで、チーズの風味に塩味とコクをプラスできます。

クラッカーやバゲットにのせて、白ワインやスパークリングワインに合わせるのがおすすめです」

材料(2人分)

・いちじく……小さめ3~4個
・柿……小さめ1個
a. クリームチーズ……50g
a. 牛乳……大さじ2杯
a. 白みそ……小さじ1杯
・クルミ……適量(5mm角に刻む)

作り方

1. クリームチーズソースを作る

Photo by macaroni

耐熱ボウルに(a)を合わせてふんわりラップをかけ、電子レンジ600Wで10秒ほど加熱してやわらかくします。いったん取り出して全体を混ぜ、電子レンジ600Wでさらに10秒ほど加熱します。よく混ぜてなめらかな状態のソースにします。

「2回に分けて温め、途中で混ぜ合わせることで、なめらかなソースに仕上がりますよ」

2. 果物を切る

Photo by macaroni

いちじくは皮付きのまま4〜6等分のくし型切りにします。柿は皮をむき、2cm程度の角切りにします。

「いちじくは皮を剥かずに使ったほうが風味を豊かに感じられ、加熱しても崩れにくくなりますよ。柿は熟しはじめくらいの硬すぎずやわらかすぎないものを使うと、ジューシーに焼き上がります」

3. 耐熱皿に盛り合わせる

Photo by macaroni

オーブントースターを予熱し、グラタン皿にバター(分量外)を塗ります。2の果物を均一に盛りつけ、1のクリームチーズソースをかけます。

「お皿にバターを塗ることで食材がくっつきにくくなり、あと片付けがラクになります。クリームチーズソースは焼いたら広がるので、ところどころかかっていないところがあってもOK」
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ