ライター : macaroni 編集部

macaroni編集部のアカウントです。編集部が厳選するおすすめ商品・飲食店情報、トレンド予想や有識者へのインタビュー、暮らしに役立つ情報をご紹介します。

レンジで作れるヤミツキおつまみ!里芋カリカリチーズ

Photo by macaroni

料理家/フードコーディネイターの橋本彩子さんに、調理家電でラクラク作れるチーズおつまみを教わってきた2021年11月の【調理家電でラク家事ごはん】。最終回を飾るレシピは、これから市場への出荷が増える里芋を使った「里芋カリカリチーズ」。

レース状のカリカリチーズでねっとりおいしい里芋をくるんだおつまみは、見た目も食感も華やか!その上比較的ヘルシーで、おうち飲みが増える季節にうれしいひと皿です。

電子レンジを使えば、里芋の調理はとっても簡単。手早くお酒のあてを作りたいときにもおすすめです。

Photo by macaroni

料理家、フードコーディネーター/橋本彩子 食品メーカー勤務を経て料理業界へ。カフェメニューのプランニングやテーブルまわりのコーディネイトを経験後、ケータリングユニットに参加。雑誌、書籍、CM、映画などの現場で7年余り経験を積み、退社。その後1年間、ル・コルドンブルーでフランス料理を学ぶ。現在は料理雑誌、女性誌、ライフスタイル誌、Web、広告を中心に活躍するほか、料理家きっての築地マニアとしても知られる

Photo by macaroni

調理時間:20分

「里芋にちょっぴりスパイスを効かせて、チーズと合わせた大人味のおつまみです。

里芋には『海老芋』や『八幡芋』などねっとり系の品種ものと、『京芋』や『八つ頭』などホクホク系の品種がありますが、このレシピに使うならねっとり系。チーズのカリカリ食感と里芋のねっとり感が絶妙にマッチします。

スパイスのエキゾチックな風味と里芋特有の味わいは赤ワインに合いますし、ビールのおつまみにもぴったりです」

材料(作りやすい分量)

・里芋……4〜5個
・塩……少々
・カルダモン……少々
・とろけるチーズ……150g程度

作り方

1. 里芋を加熱する

Photo by macaroni

里芋を洗って上部の硬い部分を切り落とします。真ん中にぐるりと一周、浅く隠し包丁を入れます。

Photo by macaroni

里芋全体を水で濡らして耐熱皿に入れ、ふんわりラップをかけます。電子レンジ600Wで8分程度(目安)、竹串がスッと入る程度にやわらかくなるまで加熱します。

「硬い部分を取り除いておくことで食感が良く仕上がります。また、隠し包丁を入れると加熱後に皮がむきやすくなりますよ。

適切な加熱時間は大きさによっても異なるので、まず5〜6分ほど加熱し、竹串を刺して様子を見て、硬いようなら2〜3分追加で加熱してください」

2. 里芋の皮をむき、潰して味を付ける

Photo by macaroni

加熱した里芋は熱いうちにキッチンペーパーで包みながら皮をむきます。

「冷めてしまうと皮がむきにくくなるので、熱いうちにむいてください。キッチンペーパーでくるんで、その上から皮をずらすようにしてむけば滑らずに手も汚れません」

Photo by macaroni

フォークで潰して、塩とカルダモンをふり、全体をよく混ぜます。

「潰し具合はお好みで。食感が残ったほうがよければ全体を軽く、なめらかなほうがよければ念入りに潰しましょう。チーズにも塩分があるので、塩は軽めにしてください」

3. 里芋をひと口大に丸める

Photo by macaroni

手を濡らし、潰した里芋をピンポン玉くらいの食べやすい大きさに丸めます。

4. チーズを電子レンジで加熱する

Photo by macaroni

電子レンジのターンテーブル、または平たい耐熱皿にクッキングシートを敷きます。

大さじ1杯程度のチーズを、7〜8cmくらいの大きさに円く薄く広げます。

Photo by macaroni

電子レンジ600Wで 1分30秒を目安に加熱し、チーズが溶けてふちがうっすら色づいたら取り出します。

Photo by macaroni

手早くチーズの上に丸めた里芋をのせ、ナイフやヘラでチーズを縁から外して折るようにくるみます。

「チーズは色の違う2種類が混ざったものを使うと、2色のレースになって見栄えよく仕上がります。

加熱しすぎてしまうと里芋にかぶせるときにチーズが割れてしまうので、色づきがわかりにくい場合は全体が溶けてレース状になっていればOKです。また、庫内が温まっていると火が通りやすいので、2回目からは短めに加熱してください」
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ