4. 野菜を素揚げする

Photo by Uli

野菜の水気をしっかり拭き、160~180℃の油でさっと揚げます。にんじんは160℃で1分半から2分、玉ねぎとピーマンは180℃で30秒から1分が目安です。

※160℃の目安は、菜箸を油鍋に入れたとき、おだやかに小さな泡が出てくる温度です。

5. 甘酢あんと具材を炒め合わせる

Photo by Uli

合わせておいた甘酢あんの材料をもう一度混ぜ、フライパンに入れて火にかけます。煮立ってとろみがついたら34を加え、甘酢あんを絡めて完成です。

コツ・ポイント

鶏むね肉をフォークで刺す

鶏むね肉をフォークで刺し、下味を染みやするのがポイント。下味を含ませておくことで、しっかりとした肉らしい食感を残しつつ、パサつかずに揚がります。また、繊維を断つように切るのも、食べやすく仕上げるコツ。

野菜を素揚げする

野菜を素揚げにすることで、素材本来の味わいや食感、鮮やかな色が引き立ちます。余熱で火が通るので、にんじんと玉ねぎはやや硬めの状態で、ピーマンはさっと油通しする程度にしておくのがコツ。油跳ね防止のため、しっかりキッチンペーパーで水気を拭きとってから揚げましょう。

簡単に作れる。酢鶏のアレンジレシピ3選

1. 揚げない!ヘルシー酢鶏

さっぱり食べたいときは、鶏肉と野菜を揚げないレシピがおすすめ。鶏肉をそぎ切りにし、両面を焼いて作るレシピです。火の通りが心配な場合は、両面を焼いたあとに蓋をして、蒸し焼きにしましょう。

2. ポン酢で。具だくさん酢鶏

ポン酢を使う酢鶏レシピは、手軽かつ失敗なく味が決まるのが魅力。さつまいもやしめじを入れて、食感と味わいを豊かにするアイデアも見逃せません。冷蔵庫に眠っているポン酢で作ってみてはいかがでしょう。

編集部のおすすめ