栄養素と危険性は大丈夫?「カット野菜」にまつわる噂を徹底分析

買ってすぐに食べられる、便利な「カット野菜」。コンビニやスーパーで手軽に購入できるので、実際に使ったことがある人も多いのでは?でも実は危険性が潜んでいるのかもしれないという噂も。今回は、そんなカット野菜にまつわる内容をご紹介します。

便利で安い!カット野菜が大人気!

最近コンビニやスーパーで、豊富に揃えられている「カット野菜」。カットし洗った状態で包装されているので、切る手間や洗う手間も省けてとっても便利です。また野菜が高騰している時期でも、とっても低価格で手に入れることができるので、購入したことがある方も多いのではないでしょうか?

そんな「カット野菜」ですが、生野菜に比べ栄養が少ないという噂を耳にしたことはありませんか?今回はそんな噂に関してやカット野菜の保存方法、レシピなどまとめてご紹介します。

実は危険ってほんと?カット野菜の実態

キャベツの千切りや大根、スライスオニオンなど、さまざまな種類のカット野菜が販売されていますよね。どれもそのまま料理に使えるのでとっても便利!しかし変色もしないし、あの新鮮さをキープできているのはなにか体に悪い薬品が入っているのでは……?そう考えてしまう人も少なくないと思いますが、実際のところはどうなのでしょうか。

カット野菜の製造の流れ

カット野菜は基本的に、

洗浄 → 大きくカット → 洗浄 → 細かくカット → 殺菌 → 洗浄 → 水切り → 包装

という流れでできています。予備洗浄後さらに徹底した洗浄を行うことで、微生物や菌の数を減らしています。

また、カット野菜の殺菌剤として一般的に使用されているのが「次亜塩素酸ナトリウム(塩素系殺菌剤)」。次亜塩素酸ナトリウムは、微生物や菌を除去する役割を果たしてくれるので、安全な商品を製造するのに欠かせない消毒剤です。

使用事業者には、食品衛生法で規定する「食品、添加物等の規格基準」を遵守することが義務付けられており、国から認められている消毒剤で消毒・殺菌されています。

生野菜に比べて栄養価は?

カット野菜が安全な食材だということはわかりましたが、徹底した洗浄・消毒を行えばその分栄養分も流れ出てしまい栄養がなくなってしまうのでは、と思いますよね。

結論からいうと減少はしますが、なくなりません。流れ出てしまう栄養素は「水溶性」の栄養素のみです。

詳しく説明すると、野菜には洗ったり茹でたりすると水に流れ出てしまう「水溶性」と、油で揚げたり炒めたりすることによって失われる「脂溶性」とで栄養の性質が分かれます。ですので、工場で洗浄する際に水溶性の栄養素が流れ出てしまいます。しかしすべての栄養がなくなるわけではありません。

消費期限と保存方法

カット野菜の消費期限

カット野菜の日持ちは、野菜やカット方法にもよりますが、基本的に購入後未開封で3〜4日程度だと言われています。開封後は翌日までには食べ切るのが安全です。しかしカットされているぶん断面から傷みやくなるので、消費期限の日付に関わらず早めに食べ切ることが大切です。

カット野菜の保存方法

カット野菜は鮮度のことを考えると一度に使い切るのが最適ですが、全部を一気に使い切るのはむずかしいですよね。そんなときはラップやジッパー付きのポリ袋に入れて、空気に触れる部分を少しでも少なくすることが鍵となってきます。

またもうひとつのポイントとしては、保存温度。カットされた野菜は、丸ごとの野菜とは異なり、低温保存が欠かせません。温度が上がれば上がるほど変色が進むため、野菜室ではなく冷蔵室で保存しましょう。

カット野菜の活用レシピ

【キャベツの千切り使用】とんぺい焼き

こちらは市販のキャベツの千切りのカット野菜を使用した「とんぺい焼き」のレシピです。キャベツの千切りは技術と手間が要する食材なので、カット野菜を使用すれば時短にもつながりますよね。

フライパンにごま油を熱し豚肉を両面焼いたら、千切りキャベツを加えてポン酢を回しかけて全体をさっと混ぜお皿に移しておきましょう。フライパンにサラダ油を引き、塩を加えた溶き卵を流し入れたら、炒めておいた具材を中央におき、両端を中央に寄せて包んでお皿に盛り付けます。お好みでマヨネーズ、かつお節、青のりをかけてできあがり。

特集

SPECIAL CONTENTS