ライター : やむ

温泉旅行好きグルメライター

温泉ソムリエの資格をもつフリーライター。持ち前のリサーチ力と行動力でたくわえた、おいしいグルメ情報を発信します。

ホッケの旬はいつ?

ホッケの旬は5月~12月です。初夏から冬の時期にかけて旬を迎え、秋頃においしさのピークへ到達。ホッケは「マホッケ(真ホッケ)」と「シマホッケ(縞ホッケ)」の2種類があり、それぞれ産地によって旬の時期が異なります。

同じマホッケでも北海道礼文産は7~8月の夏に旬を迎える一方、北海道日高産は11~12月の冬に旬を迎えます。スーパーで購入するときは種類と産地をチェックすると旬を迎えているかどうかわかり、脂がのったおいしいホッケを選べますよ。

北海道産が有名

ホッケの産地で有名なのは北海道。北海道の沿岸では5~7月と11月に漁獲量が増え、旬のホッケを食べられます。なかでも羅臼や礼文、積丹などは、ホッケの産地として有名な場所。鮮度のいいホッケを水揚げするために、生きたままほっけを収獲し新鮮な状態で出荷できる工夫をこらしています。

北海道は鮮度抜群の状態で水揚げされるので、生のホッケを食べられる機会が多いです。北海道以外でもホッケを収獲できますが、漁獲量が少なく北海道ほど大きなホッケはとれません。鮮度が落ちやすいことから、一般的に北海道以外の地域では生ではなく干物として食べられています。

ホッケの種類

マホッケ(真ホッケ)

「マホッケ(真掘ホッケ)」は、北海道でとれるホッケの種類です。北海道のなかでも、道北からオホーツク海方面、羅臼を中心にした太平洋方面、道南から本州方面の3つに分類され、それぞれ脂のノリや味わいが微妙に異なります。

北海道でとれる新鮮なマホッケは、ほどよく淡泊で上品な味わいが特徴です。ホクホクと身がほどけるような食感であり、焼き・煮つけなどどんな調理でもおいしく食べられます。

シマホッケ(縞ホッケ)

「シマホッケ(縞ホッケ)」は、アラスカのベーリング海やロシアのオホーツク海で多く収獲され、北に生息するホッケの種類です。体に太い縞模様があることから、シマホッケと呼ばれています。

上品な味わいが特徴のマホッケとは対照的に、脂のノリがよくジューシーな味わいが特徴。身がプリプリとしているので、輸入品ではあるものの日本人に好まれるおいしさです。

成長過程によって呼び名が違う

ホッケの種類は北海道でとれるマホッケと、ロシアでとれるシマホッケの2種類がありますが、ブリやスズキなどと同じように成長過程によって呼び名が異なる出世魚です。

・稚魚期から着底前まで:青ボッケ
・着底してから1歳までの未成魚:ロウソクボッケ
・1歳半:春ボッケ
・岩礁周辺に定着:根ボッケ


稚魚期から着底前まではコバルトブルーの色合いから「青ボッケ」と呼ばれ、1歳半頃になる春ごろにエサを求めて沿岸に接岸するため「春ボッケ」と呼ばれます。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ