ライター : 4575

子育てフードライター

小学生の子どもを持つママ、4575です。家事や仕事に忙しくてもおいしいごはんを作りたい!とレシピを日々研究中。作り置きや時短料理など、毎日のお料理を楽しく作るレシピをたくさん紹…もっとみる

キャラメリゼとはどんな調理法?

「キャラメリゼ(カラメリゼ)」とは、加熱によって糖類が酸化するときに起こる現象のことです。砂糖や水あめなどを使って料理に焦げ色を付けたり、香ばしくしたりする調理法を指し、「キャラメル化」と呼ばれることも。

なお、フランス語では「carameliser」、英語では「caramelization(キャラメゼーション)」と表記します。

キャラメリゼの主な作り方

バーナーで砂糖を焦がす

キャラメリゼを代表する作り方です。主にクレームブリュレに用いられ、ブリュレの表面に砂糖を振りかけてバーナーを当てるのが特徴。砂糖に香ばしい焼き色が付いたらできあがりです。

砂糖を煮詰める

プリンやパンケーキなどの風味付けに使うときは、砂糖を煮詰める方法がむいています。小鍋に水と砂糖を入れ、砂糖が完全に溶けて薄茶色に色付いたら完成です。

キャラメルを塗る・加える

砂糖を煮詰めたシロップにナッツやフルーツを絡め、キャラメル風味にするときに用いる方法です。ほかにもタルトやケーキ、パイの表面に振りかけて風味付けすることもあります。

キャラメリゼを用いる主なスイーツ

クレームブリュレ

表面のパリパリ感が特徴のクレームブリュレ。卵や生クリームなどで作る濃厚なカスタードクリームに砂糖を振りかけ、バーナーで焼き色を付けます。香ばしさと甘みのコントラストが贅沢な味わいです。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ