【4位】常備菜に。たけのこきんぴら

Photo by macaroni

調理時間:15分

材料(2〜3人分)

たけのこ(水煮)……120g
にんじん……1/2本(100g)
a. みりん……大さじ1/2杯
a. 砂糖……大さじ1杯
a. しょうゆ……小さじ2杯
白いりごま……大さじ1杯
ごま油……小さじ2杯

出典: macaro-ni.jp

たけのことにんじんのきんぴらは、常備菜におすすめのひと品です。たけのこ(水煮)は軽く熱湯をかけると、独特のにおいが消えておいしさがアップします。シャキシャキ食感があとをひき、たくさん作ってもあっという間に食べ切ってしまいそう。保存する際は、冷蔵庫に入れて3~4日を目安に食べ切ってくださいね。

【3位】スパイスを効かせて。たけのこの甘辛そぼろ

Photo by macaroni

調理時間:20分 ※戻す時間、粗熱を取る時間は含みません。

材料(2〜3人分)

豚ひき肉……200g
たけのこ(水煮)……150g
長ねぎ……1/2本
干ししいたけ……3枚
しょうが(すりおろし)……小さじ1杯
にんにく(すりおろし)……小さじ1杯
a.五香粉……小さじ1/2杯
a. 酒……大さじ1杯
a. 砂糖……大さじ2杯
a. はちみつ……大さじ1杯
a. オイスターソース……大さじ2杯
a. しょうゆ……大さじ2杯
ゆで卵……2個
サラダ油……大さじ1杯

出典: macaro-ni.jp

甘辛いそぼろに、香味野菜や中国のミックススパイス五香粉(ウーシャンフェン)を加えると、アジアンテイストに変身。たけのことの相性も良く、本場のような味わいを楽しめます。ごはんにのせてルーローハン風にしたり、冷奴にトッピングしたりとアレンジしやすいので、多めに作っていろいろな食べ方を試してみてはいかがでしょうか。

【2位】冷めてもおいしい。たけのこの土佐煮

Photo by macaroni

調理時間:30分

材料(4人分)

たけのこ(水煮)……1本(250g)
水……300cc
しょうゆ……大さじ2杯
みりん……大さじ2杯
砂糖……大さじ2杯
かつおぶし……10g

出典: macaro-ni.jp

しょうゆやみりん、砂糖でシンプルに煮るたけのこの土佐煮。たけのこは根元のほうが硬いため、穂先よりも薄く切るのがポイントです。調味料がムラなく染みますよ。冷めてもおいしいので、温め直しの手間が省けるのがうれしいですね。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ