2. パスタをゆでる

Photo by macaroni

まさみ先生「では、パスタをゆでましょう。沸騰したお湯に塩を入れたら、パスタを入れます」

といちゃん「それなら私でもできます!ゆで時間は9分っと……」
(パスタの袋の時間通りにタイマーを設定する、といちゃん)

Photo by macaroni

まさる先生「ちょっと待った!!」

といちゃん
「今回も待ったが出てしまいましたね(笑)」

まさる先生「パスタはあとでソースと合わせることを計算して、袋の表示よりも短めにゆでよう!」

【POINT2】パスタはいつもよりも短めにゆでる

Photo by macaroni

まさみ先生「今回は袋の表記が9分なので、7分ほどでOK。好みにもよりますが、少し芯が残るくらいがおいしく仕上がりますよ」

3. ソースの準備をする

Photo by macaroni

まさみ先生「フライパンにオリーブ油大さじ2杯と種を取り除いた唐辛子、にんにくを入れて、焦がさないよう注意しながら中火で炒めます。にんにくの香りが立ちきつね色になってきたら、あさりと白ワインを加えて混ぜ、蓋をしましょう。あさりの口が開きやすくなるよう、ときどきフライパンを揺すってください」

といちゃん「数分であっという間に口が開いてきました!面白い!」

Photo by macaroni

まさみ先生「あさりの口が開き始めたら、オリーブ油大さじ2杯とパセリを入れて混ぜ、強めの中火にして乳化させます。ポイントは貝が開き始めた時におこなうこと!完全に口が開いた状態だと火が通り過ぎて身が硬くなってしまうんです」

といちゃん「加熱しすぎないことが大切なんですね」

4. パスタとソースを和える

Photo by macaroni

まさみ先生「パスタは1/4カップのゆで汁を残して湯切りしたら、ソースに加え炒め合わせましょう。結構あさりが水分を含んでいますが、水分が足りない場合はゆで汁を足します」

【POINT3】水分が足りない場合は、ゆで汁を加える

Photo by macaroni

まさみ先生「ゆで汁を足したら、再び少し煮詰めて完成です!」

といちゃん「調味料は加えないんですか?」

まさる先生「あさり自体に塩味がついているから、塩胡椒がなくてもおいしいんだよ。逆に濃くなりすぎないように気をつけなくちゃいけないよー!」

完成!

Photo by macaroni

といちゃん「わぁ!すごく簡単なのに、おしゃれ……。レストランで出てくる仕上がりですね」

まさみ先生「綺麗にできましたね!さぁ、温かいうちにいただきましょう!」
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ