ライター : macaroni編集部

macaroni編集部のアカウントです。編集部が厳選するおすすめ商品・飲食店情報、トレンド予想や有識者へのインタビュー、暮らしに役立つ情報をご紹介します。

お料理修行をするのは......

macaroni 編集部 企画ディレクター / といちゃん
料理をするのは嫌いではないけれど、もっと上手に作る方法があるんじゃないかと思いながらも、いつも自己流で済ませてしまう私。そこで、将来の旦那様においしいごはんを作りたい!? との思いで、料理研究家の小林まさみ&まさる先生のもと、月に一度お料理修行に行ってまいります!

今回教えていただいたのは、あさりの旨味がたっぷり詰まった「ボンゴレビアンコ」。簡単そうにみえますが、おいしく作るにはコツが必要。そんなハードルが高い印象の「ボンゴレビアンコ」を、ささっと作れるようになってお料理上手に近付けるよう頑張ります!

教えてくれるのは……

嫁と義父という関係でありながら、最高の料理研究家コンビとして活躍するまさみ先生とまさる先生。

料理愛好家・平野レミさんのアシスタントとして多忙を極めるまさみ先生を見かねた、まさる先生の「手伝おうか?」という愛のある一言から始まったふたりの関係。嫁と義父という関係に初めこそ戸惑いはあったものの、絶妙で抜群のコンビネーションと安心感で徐々にお茶の間の人気を獲得。現在では、数々のテレビ出演や雑誌取材と多忙を極める。

まさみ先生とまさる先生のレシピは、主婦の方々はもちろん、今までまったく料理をしてこなかった男性やシニアの方でも簡単においしく作る事ができると好評。料理のみならず、関係や年齢・常識にとらわれない前向きで明るい姿勢にも、勇気づけられている方も多い。

そんなまさみ先生とまさる先生に「ボンゴレビアンコ」の作り方と3つのコツを教わりました。

それでは、さっそく「ボンゴレビアンコ」を作っていきます!

Photo by macaroni

まさみ先生「それでは、作っていきましょう!」

といちゃん「よろしくお願いします」

材料(2人分)

Photo by macaroni

・スパゲッティ(1.6ミリ)……160g
・あさり(砂出ししたもの)……400g
・にんにく(みじん切り)……小さじ2杯
・赤唐辛子(種を除き、粗く割る)……1/2本
・白ワイン……大さじ4杯
・オリーブ油 ……大さじ4杯
・パセリ(みじん切り)……大さじ5杯
・塩……適量

1. あさりの下処理をする

Photo by macaroni

まさみ先生「まずは、あさりの砂抜きをしましょう」

といちゃん「砂抜き済みのあさりを購入しましたが、さらに砂抜きする必要があるのですか?」

まさみ先生
「実は、すでに砂抜きのしてあるあさりでも、砂や汚れが結構出てくるので念のためもう一度した方が良いんです」

【POINT1】すでに処理してあるあさりも砂抜きをする

Photo by macaroni

まさみ先生「バットにあさりを広げ、海水程度の塩水をひたひたに注ぎましょう。水が多過ぎると砂を吐きにくくなるので、水の入れすぎには注意してください。塩分濃度は海水に近い3%がベスト。アルミホイルや新聞紙をかけ、1時間ほど冷蔵庫に入れて十分に砂を吐かせます。ひと晩置いても大丈夫ですよ」

Photo by macaroni

ーー1時間後ーー
といちゃん「わーっ! もうこんなに汚れが出てます!」

まさみ先生「すごいでしょ?(笑)砂抜きが終わったら、殻を擦り合わせて洗い、よく水を切っておきましょう」
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ