ライター : 上原 花菜

管理栄養士

「食べることは楽しいこと」をモットーにレシピ提供やコラム執筆をメインに活動中です。 高齢者施設での管理栄養士経験を活かし、食べることに課題のある方にも食事を楽しんでいただけ…もっとみる

モロヘイヤの茎は食べられる?

独特のとろっとした食感がおいしいモロヘイヤ。主に葉を食べる野菜ですが、市販のモロヘイヤは、下の硬い部分より上は食べることができます。やわらかい葉とは違い、シャキッとした食感が楽しめますよ。

家庭で育てたものは注意が必要!

家庭で育てたモロヘイヤは、枝葉やタネに毒があり、誤って食べてしまうと重大な中毒を引き起こすおそれがあります。茎は食べず、葉のみ食べるようにしましょう。

スーパーで販売しているものには毒はないので、茎まで安心して食べられますよ。(※1)

モロヘイヤの茎の食べ方

モロヘイヤの茎は筋が硬く食べにくいので、上から2/3ほどを料理に使用するのがおすすめですよ。

モロヘイヤの茎と葉は、分けて処理するとおいしく食べられます。モロヘイヤの葉はやわらかく、加熱しすぎると食感が悪くなってしまうので、注意してくださいね。ゆでるときは茎を先に入れ、葉をあとから加えると良いですよ。

茎までおいしい!モロヘイヤのおすすめレシピ6選

1. 食欲そそる!モロヘイヤのおひたし

Photo by macaroni

モロヘイヤ料理の定番、おひたしにしらすを加えるレシピです。茎を先にゆで、あとから葉を加えることで、食感良く仕上がります。しっかりとした味付けとごま油の香りで、ごはんによく合うひと品です。

2. やさしい味わい。モロヘイヤの白和え

白和えをモロヘイヤでアレンジ。茎から先にゆで、細かく刻めば茎もやわらかくなり食べやすくなります。豆腐はしっかり水切りしておくと、仕上がりが水っぽくなりません。さっと作れるので、あとひと品欲しいときにおすすめです。

3. 食感が楽しい!モロヘイヤときゅうりのオイスター炒め

ゆでて食べることが多いモロヘイヤですが、炒めてもおいしくいただけますよ。さっと炒めれば、きゅうりとモロヘイヤの食感が楽しめます。

モロヘイヤは葉を最後に加えると、色良く仕上がりますよ。カレー粉とオイスターソースの香りが食欲をそそるひと品です。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ