ローディング中

Loading...

連載:キレイは中から。あなたに贈るインナービューティー

美容と健康におすすめの夏野菜「モロヘイヤ」。アラビア語で「王様だけのもの」という意味をもつモロヘイヤは、まさに王様が独り占めしたくなる高い栄養価を誇ります。その効能は女性に嬉しいものばかり。選び方や保存方法、レシピをまとめてご紹介します。

王様のための野菜「モロヘイヤ」

王様のための野菜「モロヘイヤ」

Photo by Ayako Kunishio

エジプト原産の「モロヘイヤ」が日本で流通しはじめたのは昭和後期。

アラビア語では「王様だけのもの」という意味を持ちます。古代エジプトの伝説によると難病をもつ王様がモロヘイヤをスープにして食べたところ、薬では治らなかった病が治ったんだとか。そんな伝説が生まれるほど、モロヘイヤは栄養価の高い食材として大昔から重宝されてきました。あの絶世の美女、クレオパトラもモロヘイヤを愛して止まなかったといわれています。

美容にも絶大な効果が期待できるモロヘイヤ、私たちもぜひ日々の食卓に取り入れなくては!

ただし、種には気をつけて!

育てやすいモロヘイヤは夏の家庭菜園としても人気。暑さをしのぐグリーンカーテンとしてもおすすめです。どんどん伸びる葉を毎日収穫しては様々なお料理に使うことができます。

ただし、モロヘイヤの種には毒性があります。めまいや吐き気を引き起こすリスクがあるため、うっかり種を食べてしまわないように注意してください。食用としてきちんと栽培管理されている市販のモロヘイヤは、若い葉を出荷しているので種混入の心配はありませんよ。

モロヘイヤの選び方と保存方法

モロヘイヤの選び方と保存方法

Photo by Ayako Kunishio

モロヘイヤを選ぶ際は、鮮やかな緑色で葉がしおれておらず瑞々しくてピンと張りがある元気なものを選びましょう。葉先が黒ずんでいたり、傷の多いものは避けて。茎部分も張りがあり切り口が乾いていないものがおすすめです。

収穫から時間がたつと葉が固くなり食感や味が悪くなります。購入後はポリ袋に入れて野菜室で立てて保存し、1~2日以内に食べきってしまうのがおすすめ。

すぐに食べきれない場合はさっとゆでて水分をよく拭き取ってから、ラップできっちりと包んで食品用保存袋に入れて冷凍保存しておくとよいでしょう。食べやすい大きさに切ってから冷凍しておくとすぐに料理に使えて便利です。

すごすぎるモロヘイヤの栄養とは?

すごすぎるモロヘイヤの栄養とは?

Photo by Ayako Kunishio

アンチエイジングに!

モロヘイヤには、細胞老化のもととなる活性酸素の働きを抑える抗酸化作用の高い栄養素が豊富に含まれています。高抗酸化ビタミンの代表であるビタミンA、ビタミンC、ビタミンEがすべて揃っており、その含有量は野菜の中でトップクラス。
紫外線ダメージからお肌を守り、シミ・シワ・乾燥を防ぎ美肌作りをサポート!また細胞や血管の老化を防いでくれるので、免疫力を高めて風邪予防にも役立ちます。

ストレス軽減に!

モロヘイヤには骨や歯の形成に欠かせないカルシウムも豊富で、ストレスを軽減する働きがあります。「仕事・家事・子育てで毎日とっても忙しい」、「夏の暑さについイライラしてしまう」という方はぜひ毎日の食事にモロヘイヤを取り入れてみてはいかが?
カルシウムはビタミンDと一緒に摂ることでカラダへの吸収率が高まります。カルシウムをより効率的に摂りたい場合は、ビタミンDを多く含むキノコ類や魚類とモロヘイヤを一緒に調理するといいですよ。

夏バテ予防、疲労回復に!

モロヘイヤには疲労回復効果も期待されています。代謝をサポートするビタミンB1ビタミンB2を多く含んでおり、疲労物質が体に溜まらないようにしてくれます。

また葉を刻んだ際に出るネバネバ成分には夏バテ予防効果も期待されます。このネバネバ成分は「ムチン」や「マンナン」という多糖類(糖とたんぱく質が結合したもの)で粘膜の保護や、たんぱく質の吸収をサポートします。胃腸の粘膜を保護して胃もたれや食欲不振を予防してくれるネバネバ成分を味方につけて、元気に夏を乗り切りたいですね!

女性に嬉しい鉄分や食物繊維も豊富!

モロヘイヤには、便通を改善して腸内環境を整えてくれる食物繊維、むくみ予防に欠かせないカリウムなども豊富に含まれています。
女性は毎月の生理や妊娠・出産で鉄分が不足しがち……また便秘に悩まされる人も少なくありません。デスクワークが多いとむくみは年中悩みの種でもありますよね。

この夏は、女性に嬉しいモロヘイヤの豊富な栄養素を味方につけて、カラダの中からお悩み解決しましょう!続いてモロヘイヤを使う簡単レシピをご紹介します。

【レシピ】モロヘイヤとイカのオイスターソテー

【レシピ】モロヘイヤとイカのオイスターソテー

Photo by Ayako Kunishio

材料(2人分)

モロヘイヤ 7~8本
タマネギ 1/4個
しめじ 1/4株
イカ 1杯
ごま油 小さじ1/2
塩 ふたつまみ
オイスターソース 小さじ1/4
レモン 1/8個
塩、片栗粉 各大さじ1(イカ下処理用)

作り方

《キレイは中から。あなたに贈るインナービューティー》の記事一覧

連載記事

冬の疲労回復や美肌作りに「ゆず」。簡単でおしゃれなレシピ3選を紹介

レシピ まとめ

冬を代表する柑橘のひとつ「ゆず」。さわやかでどこか懐かしい香りのするゆず、大好きな人が多いはず。でもイマイチ使いこなせていない。。。という人が多いのでは?そこで今回は柚子の栄養ポイントとゆずを使った簡単レシピ…

連載記事

みかんはビタミンCの宝庫!冬の美肌作り・風邪予防に効果的な簡単レシピを紹介

みかん

冬のフルーツと言えばやっぱりみかん!みかんは美肌作りや風邪予防に欠かせないビタミンCや食物繊維など、栄養の宝庫。今回はみかんの栄養と、ホリデーシーズンに使える簡単レシピをご紹介。美容と健康のために、旬の果実の…

連載記事

アーモンドは冷え性・ダイエット・美肌作りに最適!簡単レシピもご紹介

レシピ

小粒なアーモンドには美容と健康にうれしい、ビタミンEや食物繊維などの栄養素が豊富。良質なオイルは美肌づくりのサポートに欠かせません。今回はそんなアーモンドのインナービューティーポイントと、覚えておくと便利な簡…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

髪を強く・早く伸ばしたいときにおすすめの食材7選!

まとめ

思わず髪を切りすぎて、後悔したことってありませんか?そんなときに食べると効果的と言われる食材を紹介します。髪の毛の健康を考えて、一日でも早く髪の毛を伸ばすために、食べ物にこだわってみてもいいかもしれませんね!…

料理だけじゃない!?意外なココナッツオイルの使い方5選!

ココナッツオイル まとめ

モデルのミランダ・カーや道端ジェシカも愛用していることで日本でも一気に人気が高まったココナッツオイルですが、実は意外なことにもつかえるとても便利なオイルだったのです。

冷蔵庫の中を綺麗にする方法9選♡こんな収納術はいかが?

まとめ

気付けば冷蔵庫の中がばらばら…あの食材どこに行ったかな?これ、いつ買ったものだろう…そんな経験はありませんか?そういう時におすすめの、収納のアイデアをご紹介します。冷蔵庫の整理整頓で悩んだらぜひ読んでみてくだ…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

TVで紹介!「ショコラティエ パレ ド オール TOKYO」が気になる

カフェ チョコレート 大阪 梅田

テレビでマツコも絶賛した、「ショコラティエ パレ ド オール」。巨匠ベルナション氏の薫胸を受けたシェフが店内で手作りするチョコレートは、カカオの鮮度と香りにこだわった逸品です。チョコ好きさんには一度は訪れて欲…

代々木上原「ランタン」は仕事帰りにオススメの、カジュアルな居酒屋

代々木 居酒屋 創作料理 バー 唐揚げ

おしゃれだけど懐かしい、この感じがクセになる居酒屋「ランタン」の紹介です。地下の階段を降りると、そこはみんなでワイワイ楽しめる、気取らない雰囲気のお店。深夜二時まで営業しているので、今日はとことん!という日に…

クリスマススイーツの必需品『スプリンクル』を使いこなそう!

まとめ スイーツ

ケーキやアイスクリーム、ポップコーンにふりかける、カラフルな色と様々な形が楽しいスプリンクルを活用してみませんか?使い方は極簡単。ふりかけるだけ。又は練り込んで焼くだけ。遊び心一杯で華やかなスイーツはパーティ…

ページTOPに戻る