4. ふっくら香ばしい「穴子」

おすすめ店「檜垣(ひがき)」

Photo by オミ

外はかりっと香ばしく、中はふっくらやわらかい「穴子」。

おいしい穴子の箱寿しで有名なお店が「檜垣(ひがき)」です。ご夫婦で切り盛りされているお店はカウンター席のみ。穴子のほかに海老の箱寿しや鯖寿し、巻き寿しなどをいただくことができますよ。

三種盛り合わせ

Photo by オミ

1,650円(税込)
「三種盛り合わせ」は、人気の穴子箱寿し、海老箱寿し、巻き寿しの盛り合わせ。お持ち帰りで注文すると、竹の皮で包まれてきます。竹の皮は、防腐性と吸湿性を兼ね備えた先人の知恵。おいしさと安心の点でも嬉しいポイントですね。

肉厚の穴子は、香ばしい香り。身はやわらかく、酢飯とのバランスもバッチリです。プリプリとしたエビも穴子に劣らず肉厚で、木の芽の爽やかな風味がアクセント。

巻寿しには、卵焼きと椎茸の煮物がたっぷり入っています。どれも薄味に仕上げられた具ですが、物足りなさはなく、素材のおいしさを極限にまで活かした逸品ですよ。
店舗情報

5. 消費量が全国屈指「パン」

おすすめ店「イスズベーカリー 本店」

Photo by オミ

神戸市の「パン」消費量は、いつも全国的に上位を占めています。

1946年創業の老舗「イスズベーカリー」は、三宮から元町エリアに4店舗展開している、地元密着型のパン屋さん。どこの店舗も大人気で、ひっきりなしにお客さんが訪れます。

サンドイッチといった惣菜系からスイーツ系のパンまで、バラエティ豊富な品ぞろえ。お値段が手頃なところも嬉しいです。

トレロン(左)、クリームパン(手前)、ビーフカレー(右)

Photo by オミ

※左より580円、170円、180円(税抜)
「イスズベーカリー 本店」で不動の人気を誇る「トレロン」は、超ロングソーセージをフランスパンの生地で包んで焼き上げたもの。70cm以上はあります。

トーストすると、外側はカリッと香ばしく中はモチモチ、そしてソーセージのパキッとした歯ごたえもたまらないおいしさ。6等分にカットされたものもありますよ。

クリームパンは、ふんわりしたパンの中に、やさしい甘さのカスタードクリームが。ビーフカレーは、牛肉の旨味たっぷりのカレーとサクッとした衣で、大人から子供まで大人気です。
店舗情報

6. 神戸の伝統「いかなご」

おすすめ店「大黒屋 北野本店」

Photo by オミ

春になると、瀬戸内沿いに住む兵庫県民の多くが買い求める魚「いかなご」。

神戸では、いかなごを炊いて食べるのが習慣です。それぞれの家庭の味付けも良いけれど、「大黒屋 北野本店」で買ったいかなごくぎ煮は、どなたにあげても喜ばれること間違いなし。保存料や香料を使用せず、醤油と砂糖とみりんだけで炊き上げています。

いかなごくぎ煮のほかに、ちょっぴり贅沢な牛肉しぐれ煮もありますよ。

いかなごくぎ煮 しょうが風味(右)、いかなご有馬煮 山椒風味(左)

Photo by オミ

各540円(税込)
折れた釘のような形をしていることから名付けられた「くぎ煮」。「いかなごくぎ煮 しょうが風味」は、ほんのりとしょうが風味をまとった、コクのある甘辛味。お子さんにも人気です。

舌に残る山椒のピリリとした辛さがたまらない「いかなご有馬煮 山椒風味」は、大人向け。どちらも、白いご飯にピッタリで、おかわりが止まらなくなりそうですよ。
店舗情報
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

編集部のおすすめ