保存方法・期間

冷蔵で保存する場合は、冷ましてから新品の密閉できる袋に入れます。保存期間は1週間程度です。

冷凍する際は、同じようにしっかりと冷まし、食べやすい大きさにスライスしてから保存しましょう。1回に食べる分量ずつラップで包んでくださいね。密閉できる袋に入れ、空気を抜いてから金属製のトレイにのせて冷凍します。1カ月程度保存できますよ。

煮汁は冷ましてから密閉容器に入れ、冷蔵庫で保存可能です。1週間以内には使い切ってくださいね。

筆者流おすすめの食べ方

1. 口溶けジューシー!チャーシューの中華おこわ

Photo by anrichiko

チャーシューを細かく切り、野菜やチャーシューの煮汁と一緒に、もち米を炊飯器で炊き上げます。手軽でジューシーな中華風おこわの完成ですよ♪ トッピングに小口ネギやカイワレ大根をのせると、味にアクセントがついて食が進みます。

2. おつまみに最適!チャーシューときゅうりの和え物

Photo by anrichiko

ピリ辛なので、おつまみにピッタリですよ!焼き豚ときゅうりを千切りにカットし、ごま油とチャーシューの煮汁、豆板醤、白ゴマで和えたらできあがり。シャキシャキきゅうりとトロトロチャーシューの食感、ピリ辛の味付けが絶品です。

3. 黄身のトロトロ感がたまらない!野菜チャーシュー丼

Photo by anrichiko

どんぶりにご飯をよそい、その上に千切りレタスとチャーシュー、目玉焼きをのせます。残った煮汁をかけたら完成です。レタスのシャキシャキ感と目玉焼きのとろり感、チャーシューの組み合わせが食欲をそそりますよ♪

驚くほどやわらかい!肩ロースのチャーシュー

肩ロースは豚バラ肉より脂身が少なく、肉本来のうま味を感じますよ。おいしく作るコツは、煮汁を沸騰させてから肉を入れること。あとは弱火でジックリ火をいれるだけで、とてもやわらかく、口の中でとろける食感のチャーシューができますよ!残った煮汁も大活躍♪ 煮汁を使って、いろいろなアレンジを楽しんでくださいね。

編集部のおすすめ