ライター : macaroni 料理家 えも

調理師

元料理教室講師。現在はmacaroniの料理家として活動しています。食べることとお酒を飲むことが大好き。お菓子作りとイタリアンが得意。

この記事を書いたのは……

調理師・macaroni料理家 / えも
元料理教室講師。食べることとお酒を飲むことが大好き。得意ジャンルは、お菓子作りとイタリアン。

こんにちは。macaroni料理家のえもです!
小さな頃からお菓子作りが大好きで、暇さえあれば常にお菓子を作っている私。最近はマカロンの配合を変えながら、1番おいしく作れる比率を模索中です。
そんな私がみなさんの抱えるお悩みを少しでも解決すべく、お菓子作りの基本を写真付きで丁寧にお伝えしていきます!

前回の記事では「砂糖の役割」についてご紹介しました。砂糖の役割を知ることで、自分好みのレシピを作れるきっかけにしていただけたらうれしいです。そして第2弾は「砂糖の種類」についてご紹介していきます。それぞれの特徴を知ることで、よりおいしいお菓子が作れるようになりますよ♪

レシピ指定の砂糖がない……!

Photo by macaroni

お菓子のレシピをよく見ると、いろいろな砂糖が使われていますよね。“このレシピを参考にしたいのに、指定の砂糖が家にない……!”なんてこと、ありませんか?そもそも、砂糖の種類が違うのはなぜ?使い分ける理由は……??

そこで今回は、よく使われる砂糖の種類や特徴をお伝えしながら、実際に砂糖の種類を変えるとどのような影響があるのかをご紹介していきます。

お菓子作りでよく使う砂糖&甘味料

Photo by macaroni

お菓子作りでよく使う砂糖の種類はこちらの5つ。どの砂糖を使うかによって、仕上がりに違いが出ます。それぞれの特徴を覚えておくことで、理想に近付くことができますよ。

グラニュー糖

Photo by macaroni

お菓子作りにもっともよく使われる砂糖です。上白糖に比べてサラサラとしていて溶けやすいのが特徴。上品ですっきりとした甘さで、軽い食感に仕上がります。お菓子全般におすすめですが、溶けやすいのでゼリーやムースに向いていますよ。

粉砂糖

Photo by macaroni

グラニュー糖を粉末状にしたものが粉砂糖。粒子が細かいのでクッキーやケーキなどの生地に馴染みやすく、なめらかな表面に焼き上がります。マカロンを作る際にもよく使われますよ。固まらないようにコーンスターチが入ったものがよく売られているのですが、コーンスターチ入りでマカロンを作ると、表面がひび割れる原因になってしまうことがあります。

上白糖

Photo by macaroni

上白糖はグラニュー糖と比べると水分が多いのが特徴。コクがあり、甘みも強く感じられますよ。カステラや和菓子など、しっとり仕上げたいものに使うことが多いです。グラニュー糖よりも焼き色がつきやすいため、焦げには注意が必要です。

特集

FEATURE CONTENTS