ライター : Ryogo

料理クリエイター

掲載パスタレシピ数700以上のブログ「BINANPASTA」を運営しています。そのほかのSNSでも料理に関することを日々発信しているので、ぜひチェックしてみてくださいね! Instagram→@binanp…もっとみる

ブラータチーズでワンランク上のボロネーゼ

こんにちは、Ryogoです。
イタリア料理に欠かせない食材のひとつであるチーズ。みなさんは普段どんなチーズを食べることが多いですか?

この記事では、ここ数年でその知名度を一気に上げたブラータチーズを使った「ボロネーゼ」の作り方を紹介しようと思います。

“モッツァレラのモッツァレラ包み”なんて表現されることもあるこのチーズ、カビ系のチーズとはまるで違った、クセのない味わいが楽しめます。モッツァレラ好きにはかなりおすすめですよ。

それではさっそく、下記の動画(「ブラータチーズのボロネーゼ」の作り方)とテキストで、作業のポイントを確認していきましょう。

香味野菜で旨み全開!

Photo by Ryogo

このレシピでメインとなる野菜は、香味野菜。読んで字のごとく香りに特徴のある、おいしいボロネーゼを作るには欠かせない食材です。

少し面倒かもしれませんが、下準備の段階ですべてみじん切りにしておきましょう。

ちなみに、香味野菜については以下の記事に詳しく書かれているので、気になる方はご一読を。

ローリエはちぎってから加える

Photo by Ryogo

香味野菜と一緒にハーブの一種であるローリエも加えましょう。

このとき、ローリエをそのまま入れるのではなく、手で少しちぎって切れ目を入れてから加えるのがポイントです。こうすることで、ローリエの香りをより強く引き出せます。

ほかの料理にも応用できるひと手間なので、頭に入れておいてくださいね。

お肉は触るべからず

Photo by Ryogo

ボロネーゼはお肉が主役のパスタ。このお肉をいかに上手く調理するかが重要です。

ここでのポイントはお肉に触らないこと。

触って崩したくなってしまいますが、グッと我慢して焼き目がつくまで待ちましょう。これによってお肉の旨みを閉じ込めて、香ばしさもしっかり引き出します。

お肉をフライパンに入れてからの流れは、一度動画でも確認してください。

トマトは少量、赤ワインで煮込む

Photo by Ryogo

ボロネーゼとミートソースを混同している方がいますが、ボロネーゼにはほとんどトマトを使いません。

ボロネーゼは肉感、ミートソースはトマト感を重視したパスタです。この記事で紹介しているのはボロネーゼなので、トマトペーストは少し加えるだけ。赤ワインと水を使って煮込みます。

焦らずじっくり加熱する

Photo by Ryogo

早く食べたいからといって、強火でガンガン加熱するのは禁物です。ここも忍耐強く、弱火をキープしましょう。

水分が飛ぶまで弱火でじっくり時間をかけて煮込んだら、あと少しで完成です。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ