ライター : Ryogo

料理ブロガー

掲載パスタレシピ数500以上のブログ「BINANPASTA」を運営しています。そのほかのSNSでも料理に関することを日々発信しているので、ぜひチェックしてみてくださいね! Instagram→@binanp…もっとみる

いつものたらこパスタで満足していませんか?

こんにちは、Ryogoです。

さっそくですが、今回のテーマは「たらこパスタ」。日本人に親しみのあるたらこを使ったパスタは、好んで食べている方が多いと思います。

そんなたらこパスタ、作り方はいろいろありますが、ただボウルで和えただけで満足していませんか?実は、ちょっとひと手間加えるだけで全然違ったおいしさを楽しむことができるんです。

当記事では、たらこパスタに少しアレンジを加えた「焼きたらこパスタ」を紹介します。むずかしいことは一切なしで、いつものたらこパスタをワンランク上の仕上がりにする方法を教えちゃいますよ。

まずは下記の解説動画を見てみてくださいね!

大葉は水気を取ってから刻む

Photo by Ryogo

たらこパスタのトッピングと聞くと、大葉が真っ先に頭に浮かんでくるという方もいると思います。

この大葉もただ刻むのではなくひと手間を。刻む前にキッチンペーパーなどを使って水気を拭き取ってあげます。

こうすることで、刻んだ後に大葉同士がくっつくのを防ぎ、エアリーな見た目を演出することができます。

たらこは事前に皮を剥いでおく

Photo by Ryogo

たらこは1腹からトッピングに使う分と途中で使う分を取ります。途中で使う分は、包丁の背を使って皮を剥いでおきましょう。

バターは焦がして風味UP!

Photo by Ryogo

バターは普通に絡めるのではなく、事前に焦がしバターにしておく。これがこのパスタ最大のポイント!

バターの色が褐色に変わるまで、根気強く加熱していきましょう。こうすることで、いつものバターとは一味違う風味を楽しめます。

たらこの加熱時は要注意!

Photo by Ryogo

動画内では、トッピング用のたらこを焦がしバターを作っている最中に同じフライパンの空いているスペースで加熱していますが、たらこ自体はバターと絡めて加熱するとすごく跳ねるので注意が必要です。

バターに触れないように加熱するか、魚焼きグリルなどを使って別途加熱してあげましょう。
動画内では、焦がしバターを作りながら、フライパンの空いたスペースでトッピング用のたらこも加熱しましたが、たらこがすごく跳ねるので注意が必要です。

たらこがバターに触れないよう慎重に加熱するか、魚焼きグリルなどを使って別途加熱しましょう。

パスタがゆで上がったら手早く

Photo by Ryogo

パスタがゆで上がったら手早くソースと絡めます。ゆで汁を使って全体のバランスを調整しながら仕上げましょう。

Photo by Ryogo

お皿に盛ったら先ほど刻んだ大葉、たらこ、刻み海苔をトッピングして完成です。

温かいうちにいただきましょう!

今回ご紹介した「焼きたらこパスタ」のテキスト版レシピは、上記動画の概要欄、または下記ボタンから確認できるので、ぜひあわせて参考にしてください。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS