【決定版】お米のおいしい炊き方!ちょい足しでもふっくらつややか

毎日食べるお米ですから、なるべくおいしい炊き方で食べたいですよね。とは言えあまり手のかかる方法だと、日々行うには現実的ではありません。今回は簡単にできて、しかもぐっと炊きあがりが変わる方法をご紹介。今夜から試してみては?

お米のおいしい炊き方をチェック!

日本人といえば、お米!毎日食べるものだからこそ、おいしく仕上げたいですよね。お米は量って研いで炊飯器のスイッチを入れるだけ、と思っている方も多いかもしれませんが、実は細かいポイントがたくさんあるのです。まずはそれをチェックしてみましょう。

1.お米の最初の研ぎは手早く!

量ったお米を研ぐ時、お米の入ったボウルにゆっくり水を張り、じっくり研いではいないでしょうか?お米は非常に水を吸収しやすいため、最初の水にあまり漬けておくと、お米の汚れが浮き出した水を吸い込ませてしまいます。

最初の水は研ぐというよりはかき混ぜる程度にし、すぐに変えるようにするのがポイントです。

2.お米をしっかり浸水させる!

お米を研いだあと、そのまますぐに炊飯ボタンを押すのはおすすめしません。ふっくらおいしいお米にするには、しっかりと浸水させることが重要です!

短くとも30分、時間があるならば2時間ほど水につけておきましょう。また、この時の水はミネラルウォーターなど、水道水でない水が好ましいです。塩素のにおいも気にならず、おいしく炊き上げることができますよ。

3.ご飯はよそうときまで気を抜かず!

ご飯が炊き上がったら、よそうところまで気を抜かないようにしましょう。炊き上がったご飯はまずしゃもじで十字に切り、底から空気を入れるようにほぐします。こうすることで余分な蒸気を飛ばせますよ。

ご飯を茶碗によそう時は、米粒を潰さないようにそっと移すようにするのがポイント!また、上から押さえつけるのはもってのほか。ふんわりと盛り付けるのが、見た目にもおいしそうにするコツですよ。
▼お米の炊き方、基本が不安な方はこちら

入れるだけでおいしくなる調味料12選

1.オリーブオイル(サラダ油)

炊くときに米2合に対して、オリーブオイル小さじ1杯を目安に加えてから炊きます。いつもよりツヤが出て、しっとりとおいしいご飯になりますよ!

2.にがり

米2合に対して、にがり2滴を入れて炊きます。そうすると柔らかくふっくらと炊き上がり、冷めても固くならないとか。更にツヤが出て、おいしいご飯になりますよ。

3.塩

米2合に対してひとつまみの塩を入れて炊くと、ご飯の甘味が増すそうです。入れすぎるとしょっぱくなってしまいますので、分量には注意してくださいね。

4.昆布

特集

SPECIAL CONTENTS