ライター : macaroni編集部

macaroni編集部のアカウントです。編集部が厳選するおすすめ商品・飲食店情報、トレンド予想や有識者へのインタビュー、暮らしに役立つ情報をご紹介します。

教えてくれた人

Photo by mio gohda

料理研究家 / 植松良枝さん
季節を食や生活に取り入れながら暮らすスタイルが人気。野菜を多く使った、シンプルな料理を得意とする。大人気の料理教室「日々の飯事」を主宰。15年前から取り組み始めた野菜づくりは今やライフワークに。2歳児の母でもある。著書に『春夏秋冬ふだんのもてなし』(KADOKAWA)、『春夏秋冬 土用で暮らす』(主婦と生活社)など。2020年10月に『ヨヨナムのベトナム料理』(文化出版局)を出版予定。

果実シロップづくりが楽しい季節がやってきた

Photo by mio gohda

「さまざまなフルーツが出回る夏から秋にかけては、果実シロップづくりが楽しい時期です。できた果実シロップは、1 : 4〜5 の割合で炭酸水(または冷水)と割るのがおすすめ。汗をたくさんかくような暑い日にぴったりな、爽やかな飲み心地のドリンクになります。

前回は真夏の暑さに特におすすめのサワーシロップの作り方とそのアレンジ方法をご紹介しました。けれども、果実シロップの作り方はほかにもバリエーションがあるんです。今回は、お酢は使わず、フルーツそのものの酸味を生かしてつくるシロップをご紹介します。パッションフルーツとレモンはそのまま食べるとかなりすっぱいですが、シロップにすることで使い道が広がります。それぞれの作り方とアレンジ方法をお教えしますね」

アロマのような香りの「パッションフルーツシロップ」

Photo by mio gohda

材料

パッションフルーツ…… 2個
グラニュー糖…… 100ml
水…… 150ml
ココナッツチップス(あれば)…… 大さじ2杯

作り方

1. しっかり密閉できるビンをきれいに洗って消毒する。

2.
パッションフルーツを半分に切ってスプーンで中の果肉を取り出す。

3. 小鍋にグラニュー糖と水を入れて火にかけ、煮溶かしたらパッションフルーツとココナッツチップスを加えて火からおろす。

4. 粗熱がとれたら保存瓶に入れて冷蔵庫で保存する。

「普通のスーパーでも手に入りやすくなったパッションフルーツですが、食べごろが少しわかりにくいので、“買ったことがない”という方もいらっしゃるかもしれません。パッションフルーツは熟成すると果皮が紫色から濃い褐色に変化して、表面にだんだんとシワがよってきます。

シロップをつくるときは、少しシワが出ているものを使ってください。カルディや成城石井などで買えるココナッツチップスを加えると、よりトロピカルなテイストになります。冷蔵庫に入れておけば2週間ほどは保存可能です」

「パッションフルーツシロップ」のアレンジ方法

リゾート気分になれる「パッションフルーツのモクテル」

Photo by mio gohda

「『モクテル』はお酒が苦手な方でも楽しめる、見た目がおしゃれなノンアルコールカクテルのこと。“似せた・偽り”を意味するmock(モック)とcocktail(カクテル)をかけ合わせた造語で、イギリス・ロンドンで流行り、日本でも話題にのぼるようになりました。

パッションフルーツシロップは、まさにそんなモクテルにうってつけ。氷の入ったグラスにシロップを適量注いで水または炭酸水で割り、ミントを添えればモクテルの完成です。パッションフルーツのプチプチとした食感と、トロピカルな香りのココナッツチップスがアクセントになり、リゾート気分が味わえます。お酒が好きな人は、ホワイトラムを合わせてみるのもいいですね。

このシロップは紅茶との相性もいいですし、アイスクリームやかき氷にかけて使ってみても。ほんの少しかけるだけで、いつものデザートがよそ行きな味になります」

特集

FEATURE CONTENTS