ライター : leiamama

息子達は独立し、主人と娘(Mダックス)と毎日をいかに美味しく、楽しく過ごせるか模索中♪ ワーキングマザー時代に培った時短レシピが専門。テーブルウェアや調理家電も大好き!

冷凍保存が向いている野菜は?

Photo by leiamama

野菜の冷凍保存は、野菜の無駄を防ぐだけでなく時短調理に役立ちます。この記事では上手に冷凍するコツを、野菜別にご紹介。解凍法も参考に、忙しい毎日のおかず作りに役立ててくださいね。

ただし冷凍保存に向かない野菜もあります。じゃがいもやごぼう、大根などの根菜類は、冷凍すると繊維の隙間に空洞ができて味も食感も悪くなるのでおすすめできません。水分が多いレタスやもやしなど、生食用の野菜も避けたほうが無難です。

1. 生での冷凍がおすすめ!「ほうれん草」の冷凍保存方法

Photo by leiamama

【保存期間:30日】
ほうれん草は洗って根元を切り落とし、食べやすい大きさにカット。キッチンペーパーで水気をふき取り、フリーザーバッグに入れます。平らにしてから、できるだけ空気を抜いて冷凍しましょう。下ゆでしてから冷凍すると筋っぽくなるので、生での冷凍がおすすめ!

おいしく食べるための解凍方法

必要な量を取り出し、そのまま加熱調理します。お浸しやごま和えなどのときは、さっとゆでて冷水にとって色止めしましょう。水気をしぼって調味料で和えれば完成です。

2. 調理が楽になる♪「玉ねぎ」の冷凍保存方法

Photo by leiamama

【保存期間:30日】
玉ねぎは冷凍することで甘みが増します。薄切りやみじん切りにして冷凍しておけば、調理するときに便利!水気をしっかりふき取って、なるべく空気を抜いてからフリーザーバッグに入れましょう。

おいしく食べるための解凍方法

玉ねぎを冷凍すると、細胞が壊れてシャキシャキ食感はなくなります。その分、すぐに火が通り味がしみ込みやすくなるので、解凍は不要。時間がかかるあめ色玉ねぎも、手軽にできますよ。

3. ゆでてからがおすすめ!「ブロッコリー」の冷凍保存方法

Photo by leiamama

【保存期間:30日】
生のブロッコリーを冷凍すると水っぽくなって、茎の部分はやわらかくなってしまいます。特有の臭いもでてしまうので、ゆでてから冷凍がおすすめです。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS