ライター : 稲吉永恵

ローフードマイスター・野菜ソムリエ・オーガニックコンシェルジュ

野菜や果物の持ち味を生かす食べ方を提案する野菜ソムリエ。美容師・ローフード認定校講師として働きながら、パンと焼き菓子を製造販売しています。不調や不安をやわらげる、心と体にや…もっとみる

ザクロの旬

赤いつぶつぶの実を持つザクロ。スーパーで見かけることはほとんどないので、あまり馴染みがありませんよね。

ザクロは、秋口に市場に出回ります。海外産は主にアメリカやイランのものが多く、国産も海外産も旬の時期は9〜11月。この時期を過ぎると、国産も海外産も店頭には並ばなくなります。

食べごろのザクロは、果肉が大きくてジューシー。海外産のものは、国産と比べると、大ぶりで甘味が強いのが特徴です。一方、国産のものは小ぶりで酸味が強め。しかしながら、国産のなかには無農薬ザクロもあるので、農薬が気になる方は探してみるとよいでしょう。

ザクロの見分け方

新鮮でおいしいザクロは、果皮の状態から見分けることができます。果皮全体がきれいな赤色のものを選びましょう。傷やひび割れがあったり、黒く変色したりしているものは避けてください。

また、新鮮なザクロは果肉が大きいという特徴があります。しかし、売り物は切って中身を確認できません。ザクロを持ったときにずっしりと重みがあるものがおすすめです。

ザクロの切り方

ザクロは、ナイフでカットすると真っ赤な果汁が流れ出てしまいます。そこで、おいしい果汁を逃がさない切り方をご紹介します。

1. ザクロの端を切り落とし、尖っているヘタの部分に切り込みを入れ、芯をくり抜きます。芯の部分は剥がすようにすると、取れますよ。

2. 切り落とした部分を下にして、皮の部分にだけ切り込みを入れます。
※ザクロは房に隔てられて実が詰まっているので、白い房を目安に切り目を入れましょう。

3. 水を入れたボウルの中で切り目を入れた部分から、ザクロを開きます。

4. 水の中で、実をほぐして取り出します。

ザクロの保存方法

ザクロは熟すまでは室温で保存し、熟したら冷蔵庫へ入れましょう。冷蔵する場合は、皮をむかずに袋に入れて密封してから保管します。保存期間は約1〜2ヶ月ほどと長期保存が可能。皮をむいて実をほぐした場合は、密封容器に入れて冷蔵庫で保存し、2〜3日で食べるようにしましょう。

冷凍する場合は、皮をむいて実をほぐし取り出します。冷凍可能な密封容器に入れて冷凍庫へ入れましょう。保存期間の目安は2~3ヶ月ほど。解凍すると水分が出るため、凍ったままミキサーにかけてジュースにしたり、ヨーグルトにトッピングしたりして使うとよいですよ。

旬のザクロで作りたいレシピ7選

1. 見た目が鮮やか。ザクロとサーモンのマリネ

ザクロとサーモンは、相性のよい組み合わせ。ザクロのさわやかな甘味や酸味が、サーモンの濃厚な味わいをさっぱりとしてくれますよ。スパークリングワイン入りのマリネ液で和えると、なんともおしゃれなひと品に。色合いが美しいので、おもてなしにぴったりです。

2. トッピングに。ザクロとひよこ豆のサラダ

ザクロの活用法として一番簡単なのが、サラダのトッピングに使うことです。たっぷりの野菜や豆を盛り付けたら、仕上げにパラパラとザクロを散らしましょう。鮮やかな赤色で、彩りがよくなりますよ。フレッシュなザクロはもちろん、冷凍ザクロの使い道としてもおすすめ。
Photos:7枚
ガラスの丸皿に盛られたザクロとサーモンのマリネ
白いボウルに盛られたザクロとひよこ豆のサラダ
白い器に盛られた紫キャベツとザクロのマリネ
花の絵柄の器に盛られたザクロとナッツのキャロットサラダ
ガラスの皿に盛られたいちごとザクロのシャーベット
ガラスのグラスに入ったオレンジとザクロのゼリー
クッキングシートの上のザクロのスコーン
一覧でみる

編集部のおすすめ