ライター : leiamama

息子達は独立し、主人と娘(Mダックス)と毎日をいかに美味しく、楽しく過ごせるか模索中♪ ワーキングマザー時代に培った時短レシピが専門。テーブルウェアや調理家電も大好き!

春菊は冷凍保存が便利

Photo by leiamama

一年中手に入る春菊ですが、冷蔵では2~3日しか日持ちしません。 ところが上手に冷凍すれば、ひと月は保存できます。生のまま冷凍する方法と下ゆでして冷凍する方法の違いを知って、賢く保存しましょう。

生のまま冷凍する場合

食べやすい大きさにカットする

Photo by leiamama

春菊をきれいに洗って、キッチンペーパーでしっかり水気をふきとります。5cmくらいにカットしておくと、どんなレシピにも対応できて使い勝手抜群。茎が太いと火の通りが異なるため、太い場合は茎部分を別にしておくと便利ですよ。

保存袋に平らにならして入れる

Photo by leiamama

カットした春菊をなるべく平らにならしてから、ジッパー式保存袋に入れて冷凍します。必要な分を解凍せずにそのまま調理できるので、時短調理にピッタリ。買ってきたらすぐにできる、手軽な冷凍方法です。

風味や食感は?

生のまま冷凍した春菊は黒く変色しやすく、春菊特有の苦味やえぐみが出てしまいます。食感もかなりやわらかくなってしまうので、春菊のクセが苦手な方は、下ゆでしてから冷凍してくださいね。

ゆでてから冷凍する場合

Photo by leiamama

たっぷりの沸騰した湯に塩少々を入れて、春菊を茎の部分からサッと下ゆでします。1分ゆでたら、冷水にとって軽く水気をしぼります。5cmくらいにカットしたら小分けにしてラップで包み、ジッパー式保存袋や密閉容器に入れて冷凍庫へ。

風味や食感は?

春菊はゆでてから冷凍したほうが、味や見た目が劣化せず、食感を損なわずに保存できます。下ゆでするひと手間で、おいしさがグーンとアップしますよ。

特集

FEATURE CONTENTS