ライター : suncatch

食生活アドバイザー / パンシェルジュベーシック

大阪市在住、大学生と高校生の子をもつ主婦ライターです。育児中に長期入院生活を経験したことで、「おうちごはん」を作る楽しさ、頑張りすぎずに「おいしく味わう」ことの大切さを実感…もっとみる

春菊のおひたしの基本レシピ

Photo by suncatch

鍋物に入っている春菊が苦手…….。そんな人もおいしく食べられる、苦みをおさえた「春菊のおひたし」レシピ。ポイントは、葉のゆで時間を短くすること。今回は、しっとりシャキシャキ「浸す」タイプのレシピです。ではさっそく作ってみましょう!

材料(2人分)

Photo by suncatch

・春菊……1束(150g) ・塩……少々 ・水……50cc ・醤油……小さじ2杯 ・みりん……小さじ2杯 ・和風だしの素……小さじ1/4杯 ・かつお節……適量

作り方

1. 調味液を合わせる

Photo by suncatch

水・醤油・だしの素・煮切りみりんをボウルに入れて混ぜます。(煮切りみりんは、みりんを耐熱カップに入れ、電子レンジで30秒ほど加熱し、アルコールを飛ばして作ります。)

2. 春菊をゆでる

Photo by suncatch

鍋に水1リットル以上(分量外)を入れて中火にかけます。沸騰を待つ間に、冷水を入れたボウルを用意しておきましょう。沸騰すれば鍋に塩少々を加え、春菊を根元から立てて入れ、茎の部分を30秒ゆでます。

Photo by suncath

菜箸で葉の部分もお湯の中に押し入れて、そのまま30秒ゆでます。

Photo by suncatch

春菊を鍋から取り出し、冷水に浸けます。

3. 春菊を切って和える

Photo by suncatch

春菊の茎をそろえて持ち、水気を軽く絞ります。根元の2cmから3cmを切り落し、残りを5cm幅に切ります。

Photo by suncatch

再度、春菊を手で軽く絞って余分な水気を切り、調味液の入ったボウルに加えます。菜箸で混ぜればできあがり。小鉢にこんもりと盛り付けて調味液をかけ、かつお節をのせましょう。

作るときのコツ

春菊はボウルに入れた水の中で振るようにして洗い、土を落としてからゆでましょう。長くゆでると食感が悪くなり、葉の部分の苦みが強くなります。茎だけで30秒、合計で1分の加熱が目安です。調味液が薄まらないよう、ゆでた春菊の水気を絞ってから和えましょう。 お弁当用の汁気の少ない和え物タイプにしたい場合は、調味液の水の分量を減らしてください。

特集

FEATURE CONTENTS