ライター : megyu

食生活アドバイザー

海外の料理に興味があり、おしゃれでおいしいレシピを探すのが大好き。家族に喜んでもらえる新しいレシピを日々勉強中です。

白瓜を調理するコツとポイント

白瓜はウリ科の一種で、夏が旬の野菜です。料理には、種の部分をくり抜いて果肉部分を使います。シャキシャキとした食感が特徴的で、生のまま食べてもOK。

淡白な味わいなので、浅漬けや塩漬け、甘酢漬けなど、さまざまな漬物に合いますよ。加熱するとやわらかい食感になり、炒め物や煮物などにも活用することができます。

食感を楽しむ。白瓜の漬物レシピ3選

1. 大葉香る。白瓜の浅漬け

ポリポリと食感のいい白瓜は、漬物にぴったり。浅漬けの素を使うと、とても簡単に作れます。材料は3つだけでOK。大葉を使うことで、爽やか風味に仕上がりますよ。味にばらつきがでないように、白瓜は2mm程度の厚さにそろえて切りましょう。

2. 塩昆布入り。白瓜の甘酢漬け

甘酢だれで作る白瓜の漬物レシピです。白瓜は塩でまぶして置いたあとに、水分をしっかり切ることがポイント。合わせダレに漬け込んだときに味が染み込みやすくなります。甘酢だれと塩昆布の旨みがシャキシャキの白瓜によく合いますよ。

3. 苦みほんのり。白瓜とゴーヤの甘酢漬け

ゴーヤと組み合わせて作る漬物もおすすめです。歯ごたえのいいゴーヤは白瓜との相性抜群。塩もみをすることで、ゴーヤ特有の苦みが軽減されて食べやすくなります。ひと晩じっくり漬け込むと、おいしさが増しますよ。

ささっと作る!白瓜の和え物レシピ3選

4. 超簡単!白瓜の塩昆布和え

材料3つでできる和え物レシピ。塩昆布を使うので、旨みしっかりの味わいに仕上がります。白瓜のシャキシャキ食感が楽しめて、箸休めにぴったり。手間をかけずに作れるので、「あとひと品ほしい」というときに便利ですよ。

5. とろろ昆布の風味。白瓜の甘酢和え

甘酢で味付けする、さっぱり風味の和え物もおすすめです。仕上げにとろろ昆布をまぶすことで、旨みがアップ!千切りのにんじんを加えると、食感も彩りも豊かになりますよ。副菜としてはもちろん、お酒のお供にもぴったりです。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS