4. 残りの調味料とレーズンを加える

Photo by akiyon

かぼちゃの粗熱が取れたら、残りの調味料(チキンコンソメ、はちみつ、マヨネーズ、ヨーグルト)全量とレーズンを加えて混ぜ合わせます。

5. 器に盛ってナッツをトッピングしたらできあがり♪

Photo by akiyon

器に盛って、最後にミックスナッツをパラパラとかけて仕上げます。はちみつが入っているので、甘みが増してまろやかな味わいに。またヨーグルトの酸味であと味がさっぱりするので、飽きずに食べられますよ。

レーズンやナッツは彩りがよいだけでなく、味わいや食感のアクセントにも!ひと口頬張るだけでいろいろ楽しめるかぼちゃサラダを、ぜひ召し上がれ♪

保存方法・保存期間

かぼちゃサラダを冷蔵保存する場合は、フタ付きの清潔な保存容器に入れて保管します。日持ちは4~5日ほどです。

また冷凍保存も可能で、その際はひと口大に丸めて1個ずつラップでくるみ、冷凍保存用の袋に入れましょう。お弁当のおかずやリメイクに使うときに、好きな分だけ取り出せるのでとても便利ですよ。冷蔵保存より日持ちしますが、1ヶ月以内には使い切るようにしましょう。

余ったかぼちゃサラダで!簡単リメイク3選

1. お弁当のおかずにいかが?かぼちゃミニグラタン

Photo by akiyon

かぼちゃサラダにチーズを混ぜてひと口大に丸め、アルミカップに入れてオーブントースターで加熱します。チーズがとろりと溶けたら、かぼちゃのミニグラタンのできあがりです♪

このままお弁当箱に入れるだけで、彩りのよいおかずに。大人っぽい味わいに仕上げたい場合は、黒こしょうやハーブなどをトッピングしてみてくださいね。

2. 揚げ焼きで手軽に!かぼちゃのスティック春巻き

Photo by akiyon

半分の大きさに切った春巻きの皮で、かぼちゃサラダと枝豆を細長く包みます。多めの油で揚げ焼きすれば、カリっとした食感のスティック春巻きのできあがりです。

枝豆の代わりにチーズを入れたり、包み方を変えてもOK。おつまみやお弁当のおかずなどをささっと作りたいときに、おすすめですよ。

3. おやつにも!かぼちゃのおやき

Photo by akiyon

かぼちゃサラダに片栗粉を適量加えて混ぜ合わせ、平たく成形してフライパンで焼きます。両面にこんがりと焼き目がつけば、かぼちゃのおやきの完成です。

かぼちゃサラダより食べ応えがあるので、小腹がすいたときのおやつにぴったり。また焼き上げるときに醤油を少し絡めれば、夕食の副菜やお弁当のおかずにもなりますよ。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ