4. 焼き色がつくまで、じっくり火を通す

Photo by きたやまあさみ

5分ほど経つと、少しずつ皮に焼き色がついてきます。実と実の間の割れ目が深くなり、にんにく全体がきつね色になったら、火を止めます。油はかなり高温になっているので、やけどには十分ご注意くださいね。

5. 塩を振りかける

Photo by きたやまあさみ

キッチンペーパーの上に取り出し、余分な油を吸い取ります。熱いうちに塩を振りかけたら完成です。

外側の皮をむいて、中のやわらかい部分を召し上がれ♪ お好みでレモンや粗挽き黒こしょうをかけてもおいしいですよ。

少人数用に!ひと片ずつ揚げる方法

Photo by きたやまあさみ

ひと片ずつ揚げる場合は、にんにくの一番外側の皮をむき、中のにんにくをひとつずつバラします。あとは、基本の作り方と同様に油で揚げましょう。バラしている分、あっという間に火が通るため、揚げ過ぎないように気をつけてくださいね。

残った油はガーリックオイルに♪

Photo by きたやまあさみ

余った油はガーリックオイルとしてさまざまな料理にご活用いただけます。保存期間は、冷蔵保存で2~3週間程度です。オイルは空気に触れると酸化してしまうので、必ず密閉容器に入れてくださいね。

お好みで鷹の爪やブラックペッパーなどのスパイスやハーブを加えてもOKです。

ドレッシングに

Photo by きたやまあさみ

香りのよいガーリックオイルは、そのまま生野菜にかけてドレッシングとして使うことができます。普通のオリーブオイルよりもパンチがあるので、トマトやパプリカなど味の濃い野菜がおすすめです。

パスタソースに

Photo by きたやまあさみ

ガーリックオイルは、パスタのソースとして使うこともできます。鷹の爪入りのオイルを使えば、ゆでたパスタに和えるだけで簡単に「ペペロンチーノ」が作れちゃいますよ。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ