ライター : riku_mama

6歳のヤンチャな男子を子育て奮闘中のママです!食が細く、好き嫌いの多い息子のために日々おいしそうなレシピを模索しています。パンが大好きで、小さなパン屋の製造補助をしながらmac…もっとみる

「フロマージュ」とは

フランス語で「チーズ」の意味

フロマージュとは、牛、水牛、羊などから取れる乳を使って作られるチーズ全般のこと。凝固や発酵などの加工をして作られるチーズには、ナチュラルチーズとプロセスチーズがありますが、すべてフロマージュなのです。

チーズを意味するフロマージュはフランス語で、つづりは「fromage」。そしてフランス語の「フロマージュ」を、英語に訳すと「チーズ」なのです。

お菓子や料理の名前ではない

日本では、「フロマージュ」という名前が付いたチーズケーキをよく見かけますね。「フロマージュ・ブラン」というと、レアチーズケーキを指すのも日本では普通になっています。しかしこれは「フロマージュ」という単語の響きがおしゃれで、チーズケーキの雰囲気に合っていることから名付けられたのです。

このようなことから、チーズケーキのことをフロマージュと呼んだりしますが、フロマージュは単純にチーズのこと。ですので、チーズケーキを表す単語としては誤用なのです。また特定の料理のことをいうわけでもなく、特定のチーズを意味するわけでもありません。

フロマージュの名がつく代表的な料理

フランス語でチーズを使った料理やデザートは「~ドゥ・フロマージュ」、「~オ・フロマージュ」と表現されます。例えばガトー・オ・フロマージュやタルト・オ・フロマージュはチーズケーキのこと。ですので、間違えた認識を持ったままフランスで「フロマージュ」と注文すると、チーズが出てきてしまいます。

そのほかに、スフレ・オ・フロマージュはチーズスフレ、フォンデュ・オ・フロマージュはチーズフォンデュのことです。

フロマージュの正しい意味を知っておこう!

ケーキ屋さんに行くと「フロマージュ」という名前の付いたチーズケーキに出会うことはしばしばありますよね。しかし「フロマージュ」は特定のチーズやお菓子などを表すものではなく、チーズ全般のことでした。日本ではチーズケーキをフロマージュと呼んで通じないことはありませんが、フロマージュの正しい意味を覚えておきましょう。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS