フランスの家庭料理「フリカッセ」とは?シチューとの違いは?

ビストロなどのメニューでよく見かける「フリカッセ」。今回は、フランスの家庭料理フリカッセの特徴や、見た目が似ているクリームシチューとの違い、そして人気のレシピをご紹介します。クリーミーな味わいで、ちょっとおしゃれなランチにぴったりですよ。

2019年9月26日 更新

フランスの家庭料理「フリカッセ」とは?

フリカッセとは

フリカッセとは「白い煮込み」と呼ばれるフランスの家庭料理。フレンチを楽しむうえで欠かせないメジャーな調理法です。生クリームで具材をやわらかく煮込んだフリカッセは、フランスのおふくろの味でもあります。

西洋風雑煮とも呼ばれ、生クリームではなくケチャップやカレー粉を加えるアレンジレシピも多く、バリエーションも豊富なんですよ。

メインの食材と作り方

肉をバターで炒め、一度肉を取り出したら、玉ねぎと少量の小麦粉を振って炒めます。

ワインやブイヨンを加え、肉をもどしてブーケ (香料と香味野菜を束ねたもの)とともに煮込みます。やわらかくなったら取出して、煮汁を煮詰めて仕上げに卵黄と生クリームを加えてから、塩コショウで味を調えます。

白い色を保つために玉ねぎを焦げないように炒めるのがポイント!

メインの食材は鶏肉がポピュラーですが、仔牛・豚肉・仔羊などの肉類のほか、鮭やホタテ・牡蠣などの魚介類もメイン食材として使われます。

メインの食材は?

フリカッセは鶏肉を使ったチキンフリカッセがポピュラーですが、仔牛・豚肉・仔羊などの肉類のほか、鮭やホタテ・牡蠣などの魚介類もメイン食材として使われます。

別名、西洋風雑煮とも呼ばれ、生クリームではなくケチャップやカレー粉を加えるアレンジレシピも多く、バリエーションも豊富です。
1 / 3

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

leiamama

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう