2. お刺身系にはドレッシングをかけて

ウッカリカサゴを3枚におろしたあとの、中骨の間の残った身で作るレシピです。大きめの魚なら意外と身がついているので、スプーンでこそいで上手に利用しましょう。淡白なたたき身には、甘めのドレッシングがよく合います。

3. 唐揚げにすると身が締まっておいしい

カサゴ類は頭の大きさのわりに体が小さいため、身はさほどついていません。そのため小さなカサゴは丸揚げにすることが多いのですが、体長のあるウッカリカサゴなら身の量も十分。揚げることで余分な水分が抜けておいしいですよ♪

4. アクアパッツァにも合うウッカリカサゴ

あさりと野菜がたっぷり入った、贅沢なアクアパッツァもおいしいですね。ウッカリカサゴはふっくらした白身もさることながら、頭と骨からいいだしが出ることで評判。イタリアでもカサゴは、シーフード料理に欠かせない魚として人気があります。

5. 昆布締めとカルパッチョのコラボ

ウッカリカサゴの透明感のある白身は少し水っぽいことから、お刺身でそのままいただくよりも、昆布締めやカルパッチョ風にするとさらにおいしくなります。オリーブオイルとレモン、塩昆布でふたつの料理のいいとこ取りです。

大きなカサゴがウッカリカサゴかも♪

ウッカリカサゴは釣り人にこそ知られていますが、一般的には認知度の低い名前です。カサゴの底引き網漁でも、ウッカリカサゴを狙っているわけではないため、たまに網に入る程度の珍しい魚。

獲ったものは種類に関係なくカサゴの名前で販売されますので、なかに大きなものがあれば、ひょっとしたらそれがウッカリカサゴかもしれませんよ♪
Photos:7枚
ウッカリカサゴの姿造りとタコのお刺身
いろんな種類のカサゴ
ウッカリカサゴの甘酒入り煮付け
ドレッシングがかかったウッカリカサゴの中落ち
身を別にして揚げた、ウッカリカサゴの丸揚げ
ウッカリカサゴとあさり、いろんな野菜入りアクアパッツァ
レモンと塩昆布で締めたウッカリカサゴのカルパッチョ風
一覧でみる
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS