ライター : ☆ゴン

カフェやレストランなど外食関連の紹介記事を中心に、豆知識やおいしい料理のレシピなど、皆さまのお役に立つ情報を発信したいと思います。

ウッカリカサゴとはどんな魚のこと?

ウッカリ普通のカサゴと間違えた!

ウッカリカサゴは、普通のカサゴと同じだと勘違いされていた魚です。各地沿岸に広く分布し、水深の浅い岩礁域や消波ブロックの陰など、狭いエリアに生息しているのがカサゴ。沖合の水深100m近い場所に生息するカサゴもいたのですが、長らく同種と考えられていました。

しかし1970年代後半に、深場にいるカサゴが新種であることを外国人研究者が発表。その後日本の著名な魚類学者が和名をつける際、「うっかりして普通のカサゴとの違いに気付かなかった」として、ウッカリカサゴと命名したという逸話が有名です。

ウッカリカサゴと普通のカサゴとの違い

分類学上は同属ながら種類が違う

カサゴ目メバル科カサゴ属の魚は、長らく沿岸近くにいるカサゴと、少し離れた岩礁域に生息するアヤメカサゴの2種類だけと思われていました。しかし沖合30~100mほどの深場にいるウッカリカサゴが別種だとわかり、現在は3種類に分類。

この3種の魚はどれもよく似ていて、特にカサゴとウッカリカサゴは、パッと見ただけではほとんど区別できません。漁師や釣り人はおろか、学者さえも見分けがつかなかったというのもうなずけますね。

両種を判別する形態的な相違点

生息域の違いとともに、両種を見分けるポイントが体長。カサゴの成魚は平均で25cmほどで、大きいものでも30cmまでです。一方のウッカリカサゴは平均で40cm前後、大きいものでは50cmを超えるものもあるとされます。

また胸ビレの筋が18本のカサゴに対して、ウッカリカサゴは19本あるのも特徴のひとつ。体色や斑紋にもわずかな違いがあるとされますが、どちらも生息水深が深いものは赤く、浅いものは茶褐色と、色や模様での区別はむずかしいようです。

ウッカリカサゴのおいしい食べ方5選

1. 甘めの醤油ダレで煮付けると美味!

締まった白身のカサゴと比べて、ウッカリカサゴの身はやや水っぽいのが特徴です。白身のおいしさを堪能するなら、甘めの醤油ダレと生姜が効いた濃いめの煮付けが最適。お酒の代わりに甘酒を入れるといい照りが出ますよ♪
Photos:7枚
ウッカリカサゴの姿造りとタコのお刺身
いろんな種類のカサゴ
ウッカリカサゴの甘酒入り煮付け
ドレッシングがかかったウッカリカサゴの中落ち
身を別にして揚げた、ウッカリカサゴの丸揚げ
ウッカリカサゴとあさり、いろんな野菜入りアクアパッツァ
レモンと塩昆布で締めたウッカリカサゴのカルパッチョ風
一覧でみる
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS