ライター : きく

ここ数年、海外を転々、旅暮らし中のフリーライター。 30代女性向けメディアを中心に活動中。

グレープフルーツの産地と旬

主な産地はアメリカと南アフリカ

グレープフルーツの主な産地は、アメリカと南アフリカです。それぞれの産地によって、出荷時期と旬が異なります。アメリカ産のグレープフルーツは、主に11〜6月の間に出荷され、4〜5月が旬。南アフリカ産のグレープフルーツは、6〜11月の間に出荷され、7〜9月が旬です。

つまり、アメリカ産と南アフリカ産は、逆の季節に出荷、旬を迎えます。そのため、一年を通して、おいしいグレープフルーツが楽しめるのです。

国内でもわずかに生産

日本の気候はグレープフルーツに適していないため生産がむずかしく、流通しているグレープフルーツのほとんどは輸入物です。しかし、熊本県、和歌山県、愛媛県などでわずかですが生産されています。貴重な国産グレープフルーツを見かけたら、ぜひ味わってみてくださいね。

グレープフルーツの切り方

半分にカット

Photo by migicco

1. ヘタを横にしてまな板に置きます。中央に包丁を入れ、2等分にします。(写真1)

2. 表面に出ている種を爪楊枝で取ると、食べやすくなります。器にのせて完成です。(写真2)

くし切り

Photo by migicco

1. ヘタを横向きにしてまな板に置きます。写真のように包丁を入れてくし形に6等分します。(写真1)

2. 食べる際は、皮の両端を持って左右に広げると、身が離れて食べやすいです。(写真2)

飾り切り

Photo by migicco

1. グレープフルーツは上下を、果肉が見えるか見えないかのところで切り落とします。 切り落とした皮は、捨てずにとっておいてください。(写真1)

2. 皮と果肉の間の白い部分にナイフを入れ、ぐるっと一周します。切れ目に沿って指を差し入れ、ゆっくりと果肉をはがします。(写真2)

3. 果肉は種と薄皮を取り除きます。

4. 2の剥がした皮を皿に置き、1で切り落とした皮を底に敷きます。3の果肉をバランスよく盛り付けて完成です。(写真3&4)
Photos:11枚
グレープフルーツを半分にカットする工程写真
グレープフルーツをくし切りにする工程写真
グレープフルーツを飾り切りにする工程写真
グレープフルーツの皮を剥く工程写真
白い小鉢に盛られた大根とグレープフルーツ甘酢漬け
白いサラダボウルに盛られたグレープフルーツのグリーンサラダに、銀フォークがかけられている様子
白い皿に盛られたカツオとグレープフルーツのサラダ
黒いスレートプレートに並べられた、グレープフルーツがトッピングされているサーモンのロール寿司
柄皿に盛られた、ディルがトッピングされているグレープフルーツのリゾット
丸皿に盛られたまるごとグレープフルーツゼリー2つと、木のスプーンが2本並べられている様子
透明な瓶に入ったグレープフルーツマーマレードが2つ並んでいる様子
一覧でみる
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

編集部のおすすめ