檜山納豆(ひやまなっとう)まつり

秋田県能代市の特産「檜山納豆(ひやまなっとう)」をPRするイベントは、2019年で9回目を迎えました。能代産の白神大豆で作る納豆は、江戸時代から続く伝統の味。

2019年は、納豆巻きの長巻や檜山舞(ひやままい)の発表、べらぼう太鼓の演奏などさまざまなイベントが開催されて盛り上がりました。

納豆の日は入籍日や記念日に人気

「納豆と入籍」、一見すると関係がないように思えますが「粘り強く、長く夫婦で人生を歩んでいけるように」という願いをこめて、7月10日の納豆の日に入籍したり、結婚式をあげるカップルが増えているんだとか。確かに、納豆のようにお互いがしっかり結びついて絆が深まりそう。

覚えやすい語呂合わせなので、お互いの誕生日や付き合った記念日以外でも忘れずにいられそうですね。

今年の納豆の日は、納豆を食べよう!

関西地方での納豆消費量を増やそうと生まれた「納豆の日」。その後、納豆の良さやおいしさが知られるようになり、現在では納豆の日が制定された当時よりも関西地方の納豆の消費量が増えているそうです。

日本の食卓には欠かせない納豆。今年の7月10日は、納豆のおいしさを再確認するために食べてみませんか?
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS