主婦のリアル記録!「一週間600円」のお弁当献立リスト

お弁当作り歴20年の主婦が作る、「一週間○○円弁当」第2弾!1日あたりのおかずの材料費120円、5日間合計600円でお弁当作りに挑戦しました。第1弾の「一週間750円弁当」より品数を減らしたシンプ仕上げ。リーズナブルでも満足できる味わいとボリュームを実現したお弁当メニューです♪

2020年3月13日 更新

材料費600円で、一週間のお弁当作り

Photo by akiyon

こんにちは。お弁当作り歴20年の主婦、akiyonです。この記事では、以前ご紹介した「一週間750円弁当」に続き、さらにコストダウンしたお弁当献立をお届けします。

今回挑戦したのは総額600円(調味料・米などの基本食材を除く)のお弁当。

低コストながら使い勝手のよい鶏ムネ肉を中心とした、12種類の材料でおかずを作っていきますよ!

購入した商品はこちら!

Photo by akiyon

12種類の材料(1人分)
・鶏ムネ肉200g……116円(以下すべて税込金額)
・豚ひき肉100g……128円
・ツナ缶1個……102円
・卵3個……60円
・かにかま3本……29円
・餃子の皮3枚……10円
・キャベツ1/8玉……17円
・にんじん65g……18円
・チーズ20g……22円
・れんこん40g……40円
・豆苗1/2パック……50円
・ネギ1/3本……8円

合計 600円(税込)
※調味料、米、乾物は材料費に含みません

工夫したこと

ミニトマトは単価が高いので使用しません。卵は個数を減らしています。低コストの鶏ムネ肉を活用してボリュームアップ!魚介類は値が張るので、代わりにツナ缶を活用して、バラエティー豊かなおかず作りを目指しました。

はじめる前のプチ準備

Photo by akiyon

材料を買ったら、缶詰と卵以外を小分けして保存。朝の作業がさっとできるように準備しておきます。

1. 豚ひき肉……刻みネギを混ぜて塩コショウしたら3等分に小分け(冷凍)
2. 鶏ムネ肉……3等分に小分け(冷凍)
3. 野菜……豆苗は水を張った容器に移し、そのほかの野菜は保存袋にひとまとめ(冷蔵)
4. 加工品……保存袋にひとまとめ(冷蔵)

それではさっそく、一週間のお弁当作りのはじまりです♪

月曜日「チーズでコクあり!しゅうまい風餃子弁当」

Photo by akiyon

豚ひき肉とネギを混ぜた作り置きに、チーズ、チューブにんにく、中華だしを混ぜて餃子の肉だねにしました。しゅうまい風に包んで蒸し焼きにすれば、コクとボリュームのあるひと品に。

豆苗とツナ、にんじんで作った副菜2品を添えて、彩り豊かなお弁当おかずのできあがりです!塩とごま油を混ぜたごはんに白ごまやふりかけをまぶした、風味豊かなおにぎりとの相性もいいですよ。

おかずの内容

・しゅうまい風チーズ餃子(豚ひき肉とネギの肉だね1/3、チーズ1/2、餃子の皮3枚)
・ピーラーにんじんフレンチドレッシング和え(にんじん20g)
・豆苗とツナのマヨネーズ和え(豆苗1/4、ツナ1/3缶)
※ツナ缶の残りは別容器に移して冷蔵庫で保存しておきます。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS