ライター : kinako

料理やお菓子を作ること、食べることが大好きです。作り方のコツやポイントとともに、さらにおいしく味わえるよう、素材や料理の背景にもさり気なく触れられれば、と思っています。

牛ハツの特徴は?

牛ハツはホルモンのひとつ、心臓のこと。英語で心臓の意味を持つHeartsから名がついたと言われています。いろいろな名前がついている部位のなかでも覚えやすいですね。

一番の特徴はコリコリした食感!筋繊維が細かく、歯ごたえをしっかり感じられます。脂肪分が少なく、色は鮮やかな赤色。くさみが少ないので、ホルモン初心者さんにもおすすめです。

牛ハツのおすすめの食べ方

牛ハツを簡単おいしく味わえるのはやっぱり焼肉!ほどよい厚みがあるので、塩・コショウだけでもステーキのようになりますよ。

ただし、焼きすぎには注意しましょう。焼きすぎるとかたくなってしまうため、新鮮な牛ハツを焼く場合は表面こんがり、真ん中はほんのり赤くてもOKです。すりおろしにんにくを入れたしょうゆダレや、ネギ塩ダレもおすすめです。

焼肉以外のおすすめの料理

牛ハツは、炒め物や煮物にしてもおいしくいただけます。くせのない淡泊な味わいなので、野菜との相性も抜群。味付けも塩・コショウ、しょうゆのほか、バターやコチュジャンともよく合います。見た目も味もほかの具材となじむよう、細切りにするなど、切り方も工夫してみましょう。

牛のハツは下処理が必要?

牛ハツは調理前の下処理が必要です。販売されているものの多くは、ほどよい大きさに分けられていますが、塊の場合はまず適当な大きさに切り分けます。

下処理の方法

1. 塩水を入れたボウルの中で、肉についている薄皮や脂を取り除く
2. 冷水にさらしたあと、流水で洗う
3. キッチンペーパーで水分をしっかりふき取る

基本的にくさみは少なめですが、気になる場合は短時間水に漬けましょう。

下ごしらえ済みの牛ハツを買えば簡単!

下ごしらえ済みの牛ハツを使えば、すぐに調理が可能です。商品によって大きさはさまざまで、厚みのあるもの、薄く切り分けられたもの、串焼き用のものなども販売されています。どのように調理するのかを考えてから、シーンに合ったものを購入しましょう。
Photos:1枚
ソースがかかった牛ハツのステーキ
一覧でみる
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS