ライター : Uli

パンシェルジュ / フードコーディネーター

ハワイ大学留学後、旅行会社に就職。国内外の食文化に魅力を感じ、現在はレシピ系記事をメインにライターをしています。お手軽料理から、パン・スイーツまで、さまざまなレシピを発信中…もっとみる

真っ赤なスポンジ「レッドベルベットケーキ」とは

Photo by uli04_29

レッドベルベットケーキは、真っ赤なスポンジ生地と、白いクリームのコントラストが特徴。誕生の由来は諸説ありますが、「ベルベットのように口当たりのいい赤いケーキ」として19世紀のイギリスで生まれたという説が有名です。現在は、アメリカやヨーロッパ、カナダでも人気のスイーツとして親しまれています。

赤さの秘密は?

昔は、ココア豆に含まれるアントシアニンが、ケーキの材料であるバターミルクや重曹の酸に反応して、ケーキを赤く染めていました。

いまでは、ココアパウダーの製法技術が発達し、酸を加えても赤く反応することはありません。そのため、人口着色料(食紅)を使用するのが一般的です。また、ビーツでケーキを赤く染めるレシピもありますよ。

レッドベルベットカップケーキの作り方(調理時間:30分)

Photo by uli04_29

ココア風味の小さなケーキに、甘いクリームチーズフロスティングをトッピングしたレッドベルベットケーキです。ケーキ生地にはサラダ油を使い、さっくりと軽く仕上げました。ほんの少し加える塩が、クセになる甘じょっぱさを出してくれます。

材料(底直径3.3cmミニカップ型16~18個分)

Photo by uli04_29

・薄力粉……80g
・砂糖……80g
・卵……1個
・ココアパウダー(無糖)……大さじ1杯
・ベーキングパウダー……小さじ1/2杯
・塩……ひとつまみ
・サラダ油……80cc
・牛乳……60cc
・酢……小さじ1/2杯
・食紅(粉末)……小さじ1/2杯
・バニラエッセンス……適量

クリームチーズフロスティング

・クリームチーズ……100g
・バター……30g
・粉砂糖……60g

作るときのコツ

材料を混ぜていくだけなので、むずかしいコツはありません!ただし、材料の分量は正しく守りましょう。とくに、酢とベーキングパウダーは重要。ふたつを混ぜることで二酸化炭素が発生し、カップケーキがふんわり焼き上がりますよ。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS