ライター : muccinpurin

製菓衛生師

元パティシエです。年に3〜4回東南アジアを旅して現地の食に触れ、料理を勉強するのがひそかな趣味。再現レシピや、料理の基本系の記事をメインに執筆しています。 お料理YouTube始めま…もっとみる

ワタリガニのトマトクリームパスタの作り方(調理時間:15分)

Photo by muccinpurin

カニの旨みとトマトクリームソースの酸味が絶妙な「ワタリガニのトマトクリームパスタ」。カニの下処理がむずかしそうだし、レストランで食べるもの、と決めつけていませんか?

実は、カニの捌き方さえ覚えてしまえば意外と簡単。見た目も豪華なので、おもてなしや特別な日の食卓にも使えるレシピです!

カニの旨みを最大限引き出すコツや、パスタと合わせたい献立も一緒にご提案します♪

材料(2人分)

Photo by muccinpurin

・ワタリガニ……2~3杯 ・カットトマト(缶詰)……1缶(400g) ・白ワイン……30cc ・生クリーム……80cc ・パスタ……200g ・オリーブオイル……大さじ2杯 ・にんにく……2片 ・塩……適量 ・イタリアンパセリ(またはパセリ)……適量 ※今回パスタは1.6mmのものを使用しています。濃厚なソースはリングイネともよく合います。

おいしく仕上げるポイント

お店の味に近づけるコツは、ワタリガニの下処理にあります。足に切り込みを入れておくことで、ワタリガニの旨みが格段にアップしますよ。

さらに、面倒でもトマトソースを煮詰めておくと、トマトの酸味の角が取れてソースとの馴染みがよくなります。

下準備

・にんにくは皮をむいて1片はみじん切り、1片は包丁でつぶしておきます。
・鍋にパスタをゆでるお湯を沸かします。

1. トマトソースを仕込む

Photo by muccinpurin

ワタリガニの処理の前に、トマトソースを仕込みます。

鍋にオリーブオイル大さじ1杯とつぶしたにんにくを入れ、香りが立ってきたらカットトマトを加えます。

このまま中火で10~15分ほど煮込みます。煮込んでいる間にワタリガニの下処理に取り掛かります。

Photo by muccinpurin

10分ほど煮込んだものがこちらです。 水分が蒸発してトマトの赤が濃くなり、酸味や角が取れてまろやかなトマトソースになります。 この状態で冷凍できるので、多めに作っておけばいろいろなパスタに応用可能ですよ。

2. ワタリガニの下処理をする

Photo by muccinpurin

スーパーでは、甲羅が外されて胴体を半分に切った状態で売られているものがほとんどです。(写真のカニもほぼ下処理が済んでいます)

甲羅が付いている場合は、はかまの部分に親指を差し込み、甲羅から胴体をを取り外します。このとき、かならず甲羅を上に向けて作業します。(ミソがこぼれてしまうため)

甲羅のなかのミソはソースに使うので、取っておきましょう。

Photo by muccinpurin

本来ならこの部分(甲羅に面した内側の部分)にガニと呼ばれるエラが付いています。

ヒラヒラトゲトゲしたガニは食べられないので、取り外してください。(画像は取り外したものです)

Photo by muccinpurin

最後にワタリガニの足の部分にハサミで切り込みを入れます。これで足のなかに詰まっている旨みがソースに出やすくなり、味が格段にアップします。

切り落としてしまうと見栄えが悪くなるので、写真のように切り落とさない程度に斜めに切り込みを入れましょう。

ハサミの部分は固いので無理に切り込みを入れなくても大丈夫です。

特集

FEATURE CONTENTS