バジルがふわり♪香るマルゲリータ風ホットサンドのつくり方

macaroniと共に活動する、食に特化したコミュニティー「マカロニメイト」が、オリジナルレシピやライフスタイルを紹介する記事を毎日お届け。今日は、シズル感MAXなホットサンドで人気の@tsutomucampさんがバジルが香るマルゲリータ風のホットサンドのつくり方をご紹介!

2020年1月25日 更新

マルゲリータ風ホットサンドをつくろう!

いそがしい朝、手間なくつくれる朝食としておすすめしたいのが、マルゲリータ風ホットサンドです。 ピザパンをつくったことのある方なら、ピザとホットサンドの好相性はよくご存知のはず。しかし、いつもトマトソースにスライスチーズだと飽きてしまいますね。 そんな時私は、バジルを前に押し出したマルゲリータ風のホットサンドをつくっています。バジルが香る、ちょっと大人な味つけです。 ではさっそくつくり方を紹介します。

マルゲリータ風ホットサンドの材料

・食パン……2枚 (今回は8枚切りを使用) ・ベーコン……2枚ほど ・トマト……適量 ・モッツァレラチーズ (スライスタイプ)……3〜4枚 ・バジル(生の葉)……2〜3枚 ・バジルソース……適量
今回のホットサンドの大きなポイントは、スライスタイプのモッツァレラチーズを使うことです。フレッシュタイプのモッツァレラチーズはホットサンドに挟んだときに溶けづらいので、スライスチーズを使います。

マルゲリータ風ホットサンドの作り方

熱したフライパンに油をしき、ベーコンを炒めます。
ホットサンドメーカーにバターを塗り、食パンをのせます。 パンに市販のジェノベーゼソースを塗ります。 その上に焼いたベーコン、スライストマトをのせます。 ジェノベーゼソースの代わりにトマトソースを使用してもOKです。この辺りはお好みで。
つづいて今回のホットサンドのポイントとなるチーズです。 チーズはスライスタイプのモッツァレラチーズを使うのですが、のせ方にポイントがあります。
まずは2枚をそのまま平らにのせ、最後の1枚は2つ折りにして中央に重ねます。こうすることで切ったときにチーズがあふれだしやすくなり、見栄えがよくなります。 今回は3枚使用しましたが、4枚使うとかなり豪快なビジュアルになります。
チーズの上に生のバジルの葉をのせます。お好みで2〜3枚程度。

焼く

具の上にパンをのせ、ホットサンドメーカーで挟んで焼きます。片面2分をめどに、ガスコンロで。 私はいつも具をたくさん挟むので、上下分離するホットサンドメーカーを連結させず、上側を軽く手でおさえて圧着させずに焼いています。ただし今回のホットサンドはそれほど具材が多くないので、上下を連結させて圧着しても焼けます。またフライパンで焼くこともできます。

マルゲリータ風ホットサンド、完成!

半分に切ったら完成です!
モッツァレラチーズがプニッとはみ出すホットサンドができあがりました。 見た目はオーソドックスですが、バジルソースと生バジルの風味がきいて、パンチのある味になっています。バジルの量はお好みで調整してください。 スライスタイプのモッツァレラチーズが独特なまろやかな風味をだして全体をつつみこみます。

マルゲリータ風ホットサンドのポイント

マルゲリータ風ホットサンド、いかがでしたか? 簡単につくれるので、以下のポイントを参考にぜひ挑戦してください。 1. チーズはスライスタイプのモッツァレラチーズを使う 2. 生バジルを挟んで風味をアップ 3. スライスチーズは3枚目を半分に折ると仕上がりの見栄えが良くなる
tsutomucampの日々のホットサンドは下記のInstagramで紹介しています。ぜひこちらもご覧ください。
マカロニメイトは随時募集中!登録は以下のリンクからどうぞ!

特集

FEATURE CONTENTS