ライター : tsutomucamp

ホットサンドマイスター

ホットサンドやサンドイッチをほぼ毎日作って食べている、ちょっとクレイジーなインスタグラマー。 モットーは、“よりおいしくて”、より“より映える”。ホットサンドを作るための研究は…もっとみる

Photo by tsutomucamp

ほうれん草とアボカドのホットサンドを作ろう!

Photo by tsutomucamp

ホットサンドに入れる野菜って、実はけっこうむずかしいんです。 私の場合、レタスは熱が通るとしなしなになって好みじゃないので、よくキャベツを使うのですが、メニューがマンネリになりがち。そんな時に活躍するのがほうれん草! そんなほうれん草にアボカドを組み合わせた、写真映えするホットサンドの作り方を紹介します。

「ほうれん草とアボカドのホットサンドの」材料

Photo by tsutomucamp

・食パン……2枚 (6or8枚切り。今回は8枚切りを使用) ・ほうれん草……適量 ・アボカド……1/2個 ・ベーコン……適量(今回はハーフベーコンを4枚使用) ・カマンベールチーズ……適量(今回は市販の6ピース切りを3つ使用) ・ジェノベーゼソース……適量(市販のパスタ用のソースを使用) ・バター……適量 ・塩こしょう……適量

「ほうれん草とアボカドのホットサンド」の作り方

ほうれん草をゆでる

洗って根元をカットしたほうれん草を、灰汁がでてくるまで1分ほどゆでます。

Photo by tsutomucamp

ゆでたほうれん草は水で冷やし、水気を絞ってからキッチンペーパーで水分を拭き取ります。 次にフライパンにバターをひいて、ほうれん草を炒め、お好みで塩こしょうで味付けをします。

Photo by tsutomucamp

炒め終わったほうれん草を皿に移し、そのままベーコンを投入して焼きます。 ほうれん草とアボカドは、どちらも味がもやっとしていて締まりがないのですが、ベーコンを入れることで味が引き締まります。 その間に、2枚の食パンの内側にジェノーベーゼソースを塗ります

Photo by tsutomucamp

ホットサンドメーカーにジェノベーゼソースを塗ったパンをのせ、ベーコンを並べます。

Photo by tsutomucamp

その上にカマンベールチーズをのせます。チーズが広がりやすいように、カットされたカマンベールを上下で半分に切って使います。 チーズはカマンベールじゃなくてもいいですが、ほうれん草&アボカドとの相性が抜群なのでおすすめです。

Photo by tsutomucamp

その上に炒めたほうれん草をのせます。

Photo by tsutomucamp

次はアボカド。 アボカドは皮ごと縦に半分に切って種を取り除きます。 使うのは半分だけ。皮をむき、横向きにスライスします。ほうれん草の上にのせたら、お好みでアボカドにマヨネーズをかけます。

Photo by tsutomucamp

上にのせるパンにもジェノベーゼソースを塗ります
具材をのせたら、もう1枚のパンで挟んで、ホットサンドメーカーのフタをして焼きます。 この時のポイントは、上下のフライパンが別れるタイプのホットサンドメーカーを使うこと。上下のフライパンを組み合わせず、上のフライパンを軽く手で押さえながら焼くんです。

Photo by tsutomucamp

フライパンを合体させずに別れた状態で仕様。上のフライパンは手で押さえています。
そうすることでホットサンドの具材が押しつぶされずに焼くことができます。特にアボカドを使う場合、挟んで押しつぶされると見た目が悪くなってしまいます。

Photo by tsutomucamp

焼く時間は弱めの火加減で片面2分が目安ですが、調理器具や火力によって異なるので、焼き加減を目視しながら調整してください。

完成

Photo by tsutomucamp

焼き上がったホットサンドを2つに切ったら完成! 緑が目をひく、綺麗な断面があらわれました。

Photo by tsutomucamp

綺麗に並んだアボカドの断面がおいしそうですね。 カマンベールチーズもとろけていい感じに仕上がりました。

「ほうれん草とアボカドのホットサンド」のポイント

ほうれん草とアボカドのホットサンド、いかがでしたでしょうか? ほうれん草を使うと、いつもとちがった見た目と味に仕上がり新鮮です。以下のポイントを忘れずに、ぜひ挑戦してみてください! 1. ほうれん草はゆでてからバターで炒める 2. ベーコンを入れると味がひきしまる 3. アボカドを潰さないように焼く
tsutomucampのホットサンドは下記のInstagramページで紹介しています。 ぜひ参考にしてださい!
マカロニメイトは随時募集中!登録は以下のリンクからどうぞ!

特集

FEATURE CONTENTS