ライター : 廣瀬茉理

グルメライター

地方タウン誌でグルメライターをしてました!おいしいものは食べるのも、作るのも、大好き。美容にも興味が深々で、おいしくてキレイになれる欲張りな食べ物を探してます…。

節分とはどんな日?

日本に古くから伝わる伝統行事、節分。節分には「季節を分ける」という意味があり、立春、立夏、立秋、立冬と、実は年に4回もある季節の変わり目におこなわれていた行事でした。

節分がおこなわれる時期は、旧暦でいう大晦日にあたります。今でも厄除は節分(大晦日)までに終わらせたほうがいいもの。それは、邪気を払い新しい年を迎えるという意味があるんですよ。

また、玄関先に柊鰯(ひいらぎいわし)を飾るご家庭も多くあるでしょう。柊鰯は、柊木の小枝に鰯の頭を焼いて作ります。魔除・厄除として使われ、古くから日本の風習として各地でみられます。

また、節分に欠かせないのが「恵方巻」という文化。その年の福徳を司る歳徳神がいる方向を向き、願いごとをしながら黙々と食べる行事です。

なぜ節分に豆まきするの?

「鬼は外!福は内!」豆まきの掛け声は今も昔も変わっていません。古くから、季節の変わり目は邪気が入りやすいといわれていました。そして、古くから「豆」には「邪気など魔物を払う力」や「穀物の神様・精霊が宿っている」とされています。 「鬼は外!福は内!」の掛け声と「神様が宿り邪気を払うの力」をもつ豆。これを鬼の目に向かって投げ、鬼をやっつけ福を招き、その年の無病息災を願うために豆まきをするそうです。

豆まきのやり方

準備するもの

・福豆(煎った大豆)または、落花生 ・鬼の面 落花生を撒く場合は、殻付きのまま撒いてください。北海道や東北など地域によっては昔から落花生を撒く風習があるようです。そして、鬼の面!これは節分には欠かせないマストアイテムです。

鬼を決めよう

鬼役はお父さん、子どもたちが豆をまいているご家庭が多いと思います。実は、豆をまく役割はその家の大黒柱である主人、もしくは年女、年男、厄年の人が担うと、縁起がいいとされてます。

もっとも今は各家庭、楽しく節分を祝えるのであれば、そこまでこだわらなくてもいいでしょう。

正しい豆まきの作法

鬼役が決まったら、いよいよ豆まきスタートです。元気な声で「鬼は外」で豆を玄関の方向へ投げてください。「福は内」は玄関を背に部屋のなかへ投げましょう。 部屋は一番奥から初め、玄関へ進んでください。部屋のなかに隠れている鬼を徹底的にやっつけましょう!鬼をしっかり外へ追い出したら、福の神を家のなかへ招き入れてくださいね。
Photos:10枚
長方形の黒いお皿に盛られた大豆と桜えびのかき揚げ
皿に盛りつけられたポークビーンズ
白字に黒のラインが入った四角い小鉢に入れたきな粉
透明な深皿に盛られた節分豆のリボンにんじんサラダ
お椀によそわれた節分豆の具だくさんみそ汁
器に盛られたおつまみ大豆
お茶碗によそわれた節分豆と大豆と鶏ごぼうの炊き込みごはん
白くて丸い大皿に盛られた残った節分豆で鶏軟骨と根菜の甘辛炒め煮】
皿に盛られた節分豆でつくるチョコバー
青に白の模様が入った小鉢に盛られた切り干し大根と節分豆の白だし煮
一覧でみる
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS