作り方

厚手のキッチンペーパーを敷いたザルをボウルの上に重ね、ヨーグルトを入れて数時間から一晩置けば完成です。 ※ザルに残った水分「ホエー(乳清)」にはタンパク質やカルシウムなどが含まれ、栄養価が高いのが特徴。スープやカレーなど、料理に活用するもおすすめです。
冷たいヨーグルトでお腹の冷えが気になる方は、「ホットヨーグルト」を試してみてください。

作り方

ヨーグルト100gに対して水を大さじ1加えて混ぜ、電子レンジで45秒加熱します。指で触ってみて温かさを感じる程度になるまで温めましょう。

食事をきちんと摂り、正しい時間と量を心掛けて

夜にヨーグルトを食べることをおすすめしてきましたが、最後に注意点をお知らせします。まず、食事を摂らずにヨーグルトだけを食べて一食分とするのはやめましょう。必要な栄養素が足りなくなっては、美しく痩せることはできません。 また、ヨーグルトの量が多すぎたり、遅い時間に食べたりすると、かえって体重増加につながりかねませんのでご注意を。食事内容やバランスを整えた上で取り入れるようにしてください。 「マイクロダイエット」のHPには、こうした健康やダイエットに役立つ知識がたくさん掲載されているので、そちらも参考にしてみてください。
サニーヘルス株式会社 https://microdiet.net/diet/000871
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS