3. 「柿」でアルコールを分解しよう

グレープフルーツ、りんごに続いてお酒の毒を排出してくれるのが柿です。 葉と皮に栄養が詰まっているので、柿の葉茶を飲むのも効果的。抵抗がなければ、皮ごと食べるのがおすすめ。食べすぎは身体を冷やすので、1日に1〜2個くらいに抑えてくださいね。

甘柿で簡単!手作り干し柿

Photo by macaroni

干し柿を作るのはちょっと時間がかかりますが、この方法であれば低温のオーブンで1時間焼くだけで甘みも増します。持ち運びもしやすいので、ちょっとしたときにつまめておすすめです。

4. 吐き気が続くなら「しょうが」を食べよう

しょうがは胃腸の働きを整え、解毒する作用があります。ひどい二日酔いで吐き気があるときにもおすすめです。 ちなみにしょうがといえば冷えに良いイメージがありませんか?実はすべての冷えに効くというわけではありません。気になったかたはぜひ、ページ下部の連載ページから「冷えと肩こり編」の記事を読んでみてください。

スパイシーしょうがカレースープ

Photo by macaroni

二日酔いが残る日もスープなら食べやすい。カレーで食欲を刺激し、しょうがで吐き気を軽減しましょう!

5. 「里芋」で胃腸を整えて食欲を回復させる

里芋は、体内の水分を排出して胃腸を整えてくれます。二日酔いによる食欲不振を改善する効果もあるので、積極的に食べていつもの調子に戻したいところ。 肌トラブルにも良いとされているので、疲れがたまりやすい12月にはぴったりの食材です。

みそたっぷりで香ばしい!里芋田楽

Photo by macaroni

ゆでた(蒸した)里芋を塩につけてそのまま食べるのもおいしいですが、田楽みそで食べるのもツウ。塗ってトースターで焼くだけの簡単アレンジです。
Photos:7枚
笑顔が爽やかな白衣の先生
アスパラとグレープフルーツが鮮やかなサラダ
グリルプレートの上にのったオープンサンド
四角の和皿の上にのった柿を竹ようじで食べる
ウインナーや豆苗がのったスープに、パンが添えてある
味噌が塗られた丸い里芋が2つ刺さった串
書籍の見開き一例、菜の花に関するページ
一覧でみる
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS