ライター : ochiiii

管理栄養士

管理栄養士として高度急性期病院に勤務後、現在は病院とクリニックでの栄養指導に加え特定保健指導の実施、ライターとして活動中。 皆様の生活が豊かになる一助となれますように頑張り…もっとみる

豚肉にはどんな栄養素や効能がある?

たんぱく質

豚肉には血や筋肉を作るたんぱく質が豊富に含まれていて、体の中で効率よく使われるため、良質なたんぱく質といわれています。 たんぱく質は体内に入ると分解され、コラーゲンやほかの組織として再構成されます。コラーゲンの生成にはビタミンCが必要なため、ビタミンC含有量の多い食品を組み合わせるのがおすすめです。 例えばベーコンと一緒にじゃがいもをあえたサラダにしたり、豚しゃぶにレモンをしぼって食べるなど工夫してみましょう。(※1,2,3)

ビタミンB1

豚肉には糖質からのエネルギー産生を助けてくれる働きがあるビタミンB1も含まれています。 麺類や丼もの、おにぎりだけなど単品に偏った食べ方や、インスタント食品ばかりを食べて食事バランスが崩れると、ビタミンB1が不足しがちになります。そうなると食欲がなくなったり、疲れやすい、だるいなどの症状になります。なんとなくだるいなと感じたら、食事の内容を見直してみましょう。(※4)

ビタミンB12

ビタミンB12は、血液の成分である赤血球に含まれるヘモグロビンという成分を作ることに関与しています。ビタミンB12は不足してしまうと巨赤芽球性貧血という悪性の貧血になってしまいます。 極端な食事制限や偏食でなければ不足はおこりにくいといわれていますが、ベジタリアンやヴィーガン、動物性食品をあまり食べない人は不足する可能性があります。(※5)

ナイアシン

ビタミンB群の仲間であるナイアシン。実は体内でトリプトファンというアミノ酸からも合成することができます。 ナイアシンは、酵素を補助する補酵素として、皮膚や粘膜の健康に維持するはたらきを助けてくれます。ナイアシンが不足すると、ペラグラという皮膚炎や、消化器の不調になることが知られています。(※6)

鉄分

豚肉には、赤血球に含まれるヘモグロビンの原料になる鉄分も豊富に含んでいます。体内の鉄分が減少するとヘモグロビンが低下し、酸素の供給が低下することから疲れやすさ、頭痛、息切れなどの鉄欠乏性貧血の症状があらわれます。なんと成人女性の5人に1人が鉄不足による貧血であるといわれています。 特に女性は妊娠や出産、月経などにより鉄が失われる機会が多いため、しっかりと鉄分をとる必要があります。(※7)
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS