さわやかさが格別。材料3つ「レモン胡椒」の作り方

9月から冬にかけて、ワックスや防カビ剤不使用で皮まで安心して使える国産レモンが出回ります。レモン胡椒にすれば、香りやほろ苦さを余すことなく味わうことができますよ。今回はおうちで簡単に作れる本格レモン胡椒の作り方をお伝えします。

2019年11月13日 更新

手作りは香りが格別! レモン胡椒

レモン胡椒がかかったから揚げ

Photo by muccinpurin

そのさわやかさから、夏が旬のイメージがあるレモンですが、実は9月から翌年の3月頃までが収穫のピークとされます。

国産のレモンはワックスや防かび剤不使用のものが多く、皮まで安心して食べられるので皮ごと使ったレモン胡椒を作ってみませんか?

調味料感覚でサッと使えるだけでなく、これからの寒い時期は鍋へのちょい足しにも便利ですよ。

レモン胡椒の作り方

ざるの上のレモンと青唐辛子と塩

Photo by muccinpurin

材料

【賞味期限:冷蔵で1年】

・レモンの皮……4個分
・青唐辛子……10本
・塩……小さじ2杯

※皮ごと使用するので、国産でノーワックスのレモンをおすすめします。

下準備

レモンに塩をこすりつけて洗う

Photo by muccinpurin

塩(分量外・大さじ2杯ほど)に水を少し加えて混ぜ、しっとりさせたものをレモンの表面に手のひらを使ってこすりつけて洗います。へたのまわりやくぼみは指を使ってしっかりとこすってください。

全体をこすり終えたら、ぬるま湯で塩を洗い流します。
1 / 3

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

muccinpurin

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう